FC2ブログ

Mリーグについて

今回は競馬とは関係ない麻雀の話です。
麻雀を知らない人にはチンプンカンプンだと思うんでスルーしちゃってください(笑)

10/1から麻雀のMリーグが始まりました。
時間があるときは見ているのですが、すんごい楽しみにしているかというと実はそうではありません。
理由としては想定通りの結果なのと赤ドラがどうも受け付けないところです。

将棋や囲碁が実力と運10:0に対し、麻雀は単発ではなくリーグ戦のような長期戦なら7:3ぐらいです。
また団体やルールが一つに統一されていません。
4人麻雀でメジャーなルールは主に3つです。
細かい違いも多少ありますが、大きく違うのはドラの扱いです。

①一発なし、裏ドラ・槓ドラなし、赤ドラなし(通称:連盟ルール)

②一発あり、裏ドラ・槓ドラあり、赤ドラなし(通称:協会ルール、RTDルール)

③一発あり、裏ドラ・槓ドラあり、赤ドラあり(オンラインゲームでの主流ルール)


②が実力と運7:3なら①は8:2③は6:4といったところでしょうか。
プロ同士の対局なら①を採用すればいいのではと思うところでしょうが、絵面的に盛り上がるのは大逆転も狙える③なのです。

アーケードゲームを出しているコナミやセガサミーといったスポンサーに配慮してのこと、若い人たちが雀荘に行くよりそのゲームに馴染みがあること、初心者の人たちにも絵面的に楽しめることを考えて③のルールになったと思われます。

ただそれに対応しきれていないプロたちもいます。
特に①を主流にしている連盟のプロたちは苦戦しています。
10/11現在上位3チームの内、連盟のプロは白鳥プロだけです。
(①のルール上、手役型、守備型が多い連盟勢ですが白鳥プロは珍しいバランス型です。連盟のトップリーグにいない白鳥プロが大活躍できているのはよほどルールがマッチしているのでしょう。)
打ち方を変えろというのは今まで自分が培ってきたものを否定することになるので、その辺りがまだアジャストできていないのでしょう。
逃げ馬にいきなり追い込みしろと言われても急にはできないですよね。(そんなに極端な話ではないかもしれませんが笑)

あと女流プロが活躍できていないですよね。
将棋は男女に実力差がありすぎて女性のプロ棋士が存在しないのですが、麻雀は運の要素も絡んでくるのでそれほどではありません。
ただ10/11現在5人いる女性が1回もトップをとっていないことや、RTDで和久津プロが歯が立たなかったところを見ると、男女差というものがあるように思えてきます。

麻雀のプロとアマの違いというのは、残っている牌が何かを予測する山読み、相手の手配、待ち牌読みの精度の差だと思っています。
ツモ切りか手出しかなど記憶するのは当たり前の世界、それこそダマでも待ち牌をビタ止めできるのがプロの技術で見るに値するものだと思っています。
それが運で赤ドラがあって喰いタンさえあればいいとかやられるとやはり萎えちゃうんですよね。
でもそれは自分が経験者だから思うのであって、麻雀の普及を考えると赤入りがメジャーになるのも仕方ないのかもしれませんね。
何にしろオリンピック競技を目指すと言うなら、ルールはたまた団体の統一が課題となってくると思われます。

ちなみに自分は瀬戸熊プロの押し引きが好きなので応援しています!!
頑張ってほしいですね。



スポンサーサイト

近況・感想もろもろ

シルクのドラフトも終わり、あとは出資馬を温かく見守るだけ。
POGも特にやることがなく、生まれたばかりの次女の笑顔が最近の癒しです。

ただ自分で考えて文章にしていかないと記憶がどんどんなくなってしまうので(笑)、ここらで出資馬たちの今年の活躍、そして今後の展望をしていきましょう。



グランドサッシュ

2018年成績(9/9まで)(0-0-1-1-1-2)
主な成績(緑風S 3着)

相変わらずのこのクラスでの安定した走り。
緑風S以外はほぼ人気通りの着順で、細く長くが身上の自分はいつも楽しませてもらっています。

欲を言えばあと一つ勝って一回くらい重賞に出てほしいですが、年齢もあって上積みも難しいですし厳しいですかね。

9歳まで現役と獲得賞金1億円を目指して頑張ってもらいたいです。


ディグニファイド

2018年成績(9/9まで)(1-0-0-0-0-2)
主な成績(天草特別 1着)

まさかの1000万勝ち!
丸田J上手く乗ってくれました。
適性、メンバーレベル的にここしかないというところで、ほんとお見事です!(なお馬券は勝ってないもよう(T_T))

ただ相変わらず調教師からの扱いが酷くて、同条件の1600万があるのに疲れだなんだ言い訳してスルーですからね。
妄想ですが、調教師自身がまさか勝つとは思っていなくて、入厩予定もろもろで置いておくことが出来なかったんではないでしょうかね。
ここは何故かノーザン側から気に入られていて、2歳馬なんか結構いい馬いますもんね。
「上に行けないようなロートルはさっさと引退させて、良血の若駒たちで俺の名声上げてくぜ、ぐっへっへ」感がひしひしと伝わってきます。
やはりこの調教師は好きじゃありません。

現実的に勝ったとはいえタイムは遅いので、1600万では劇的な変化か適性がばっちりはまらない限り勝つのは難しいかと思います。

なのでたくさん走って楽しませてくれればいいのですが、この調教師じゃ無理ですかね(笑)



サーブルノワール

2018年成績(9/9まで)(0-0-0-0-0-2)
主な成績(なし)

残念ながら引退が決まりました。
怪我で約1年の長期離脱。
そこから復帰するも惨敗&走るのやめで早々と見切りをつけられました

怪我からくるメンタル崩壊では回復の施しようがありませんね。
ただサーブルノワールといいバトルデゼルといい、他から買ってきた馬はどうも慎重に扱われてないというか大事にされてないというか・・・
もうちょっとなんとかできたのではないかと思っていしまいます。

馬体はいいものがあったので、精神面を回復して地方で元気に走ってもらえればと思います。



ヴェロニカグレース

2018年成績(9/9まで)(1-1-1-0-0-2)
主な成績(3歳上500万下 1着)

取りこぼしが多かったものの、なんとかフローラSに出走してくれました。
結果は残念でしたが、出てくれただけでも嬉しかったです。
その後手薄な福島での牝馬限定の500万を勝利し、先日の1000万では条件が合わず惨敗しました。

適性的には紫苑Sがよかったと思いましたが、レーヴドリーブが出走予定(怪我で取消)での使い分けでしょうね。
ただ結果を見るに、出走しても掲示板は難しかったと思います。

それにしてもnetkeibaの掲示板での調教師への非難の嵐はすごかったですね。
残口が5月まであったからか、新規や最近始めた方が多いんですかね?
自分はグランドサッシュで耐性がついてるので(笑)何とも思わなかったのですが、武市調教師は10年ちょっとやってまだ平地重賞を勝ってないことを認識しなければなりません。
社台・ノーザンの多少なりともバックアップがあるのにこの結果ということは、そもそも過度な期待をしてはいけないのです。
値段を考えれば満足できる結果が出ていると思うんですけどね。
勘違いしている人もいるかもしれませんが、ブラストワンピースが例外なだけですよ(笑)

春先の重賞や前走の結果を見るに、
OP=厳しい
1600万=まあ厳しい
1000万=条件合えば
が現状の力だと思います。

その条件が
①芝
②1600~1800m
③上がり時計のかかる競馬場
④現状は右回り

ワンチャンで秋の新潟の魚沼特別という可能性がありますが、ここも上がり勝負になりそうだし・・・
12月の中山開幕週まで放置が有力ですかね。

成長して福島牝馬SやクイーンS、ターコイズSに出走してくれないかとちょっと期待しています。



ネイルドイット

2018年成績(9/9まで)(0-0-0-0-0-4)
主な成績(なし)

まあ想定通りというか残念な結果で未勝利引退となってしまいました。
怪我がなければもうちょっとやれたと思っているんですけどね。

ワークフォースはもういないですし、自分の見る目がなかったと反省しております。
弟が重賞勝ったことが、繁殖牝馬を見る目が多少あったとの無理やりのポジ要素でしょうか(笑)



フォートワズワース

2018年成績(9/9まで)(1-0-0-1-0-0)
主な成績(2歳未勝利 1着)

デビュー前からダート馬であろう調教時計だったので、デビュー戦は過度な期待をしていませんでした。
案の定キレ負けしましたが、最後まで粘る姿は未勝利馬のそれではありませんでした。

そして放牧明けのダート戦。
圧倒的人気だったので大丈夫だろうと思っていたら、予期せぬ中段からの競馬。
最後までハラハラドキドキさせてくれましたが、なんとか差し切ってくれました。

余裕残しの仕上げ、デムーロJも上積みが見込めるとのことで、続戦でヤマボウシ賞に出走予定です。
さすが西村調教師、ストレスフリーな人です!!

もし勝てたら兵庫JG→全日本2歳優駿のローテ希望ですが、次走では地方で走ることを考えてもう少し前で競馬をしてもらいたいですね。
負けてもダートの500万条件は年末までたくさんあるので、ダート1600や1800でどんなレースをするのか試してもらいたいです。

現状は1番の期待馬、外国産馬にありがちな早枯れでないことだけを願っています。



ジェラーニオ

2018年成績(9/9まで)(未出走)
主な成績(なし)

ゲート試験も合格してデビューまで進めるぞって時に球節が腫れてしまいました(+o+)
なってしまったものはしょうがないので、1日でも早く回復してほしいです。

1番の問題はデビュー時期。
特に1月の新馬戦は優先出走権があっても出られないとかざらです。
なんとか12月デビューに間に合ってほしいのですが、厳しいかな~。

春先での動画の動きなら未勝利で終わる器じゃないと思っています。
怪我の影響なく、この馬本来の実力を発揮できるよう祈っています。




テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

なんか寂しかったから・・・

シルク全滅したし、良い馬残っていないし、ネットの繋がりの悪さに定評のある一般募集はスルーしようと思っていました。

しかし、いろんな方のブログをチェックしていると、いいなー、羨ましいなーと思っちゃいますよね、人間だもの。。。

なので改めて自分のブログを見返し、C評価以上じゃないと何のために評価したんだ(゚ー゚;Aアセアセ ということでエンジェルフォール。。。

しかし、しかしリスクが高い(´(・)`)クマッタ・・

ボ、ボシンシェは。。。やっぱちょっと値段高い(´(・)`)クマッタ・・

ん???そういえばなんとなくCじゃなくてDにしたあの馬、あの馬は実質Cじゃないか!!!

前置きが長くなりました、こちらです。


1008.jpg

フラニーフロイドの17です。


ダイワメジャー産駒賞金トップ5中3頭(コパノリチャードサンライズメジャーメジャーエンブレム)と同じBlushing Groom持ち。
さらにくりがしらさんによるとStorm Cat+ナスキロ血脈は好配合で、本馬の母はSecretariat4*3、4代母のMaimitiもナスキロを持っています。
しかしノーザンテースト≒Storm Bird×2≒Fanfrelucheも併せ持つため本馬のがっしりした体格はここから来ているものと思われます。

厩舎は3年連続リーディングトップ20以内で転厩も少ない上にシルクから重賞馬を出しています。
しかし結果を出しているのがシルクユニバーサル兄弟だけだった(・・;)

以前書いたシルクの走る馬の特徴である母GⅠ馬というのも強調材料ですね。

そして1番の決め手だったのは3年連続ディープを付けられたノーザン期待の繁殖のディープ以外ということ!!
シルクでお馴染みのアコースティックスやブラックエンブレムなどディープ以外の種牡馬から(奇しくもどちらもネオユニ笑)重賞馬を出したのにディープとは全然ダメという繁殖はまあまあいます。
本馬の母もディープとの仔は期待外れと言え、一つ上のオルフェ産駒はまだ未知数です。
ダイワメジャーを配合したのはノーザン側の狙い通りと考えていて、小さかった半姉2頭とは比べ物にならないくらい立派な体格に出ました。

もちろん、弓脚、この厩舎でこの価格、募集前より腰高、ゴツゴツしているなどなど不安要素は多々あります。(そうじゃなきゃ1次で売れ残るはずはありませんよね)
そして、こんなことを書くのは不本意ではありますが、おそらくどこかで故障してしまうと思います。

それでも本馬の血統的魅力、雄大で早期始動できそうな体力を備えた馬体はいいところまでいける可能性があると信じています。
イメージはやはりポールヴァンドル(故障するところは似ないでね)、目先の目標はサフラン賞、芝がダメでもダートでいける(むしろダートのほうが合いそう?)と思っています。

ご一緒のみなさま、よろしくお願いします!!




テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示