FC2ブログ

近況・感想もろもろ

シルクのドラフトも終わり、あとは出資馬を温かく見守るだけ。
POGも特にやることがなく、生まれたばかりの次女の笑顔が最近の癒しです。

ただ自分で考えて文章にしていかないと記憶がどんどんなくなってしまうので(笑)、ここらで出資馬たちの今年の活躍、そして今後の展望をしていきましょう。



グランドサッシュ

2018年成績(9/9まで)(0-0-1-1-1-2)
主な成績(緑風S 3着)

相変わらずのこのクラスでの安定した走り。
緑風S以外はほぼ人気通りの着順で、細く長くが身上の自分はいつも楽しませてもらっています。

欲を言えばあと一つ勝って一回くらい重賞に出てほしいですが、年齢もあって上積みも難しいですし厳しいですかね。

9歳まで現役と獲得賞金1億円を目指して頑張ってもらいたいです。


ディグニファイド

2018年成績(9/9まで)(1-0-0-0-0-2)
主な成績(天草特別 1着)

まさかの1000万勝ち!
丸田J上手く乗ってくれました。
適性、メンバーレベル的にここしかないというところで、ほんとお見事です!(なお馬券は勝ってないもよう(T_T))

ただ相変わらず調教師からの扱いが酷くて、同条件の1600万があるのに疲れだなんだ言い訳してスルーですからね。
妄想ですが、調教師自身がまさか勝つとは思っていなくて、入厩予定もろもろで置いておくことが出来なかったんではないでしょうかね。
ここは何故かノーザン側から気に入られていて、2歳馬なんか結構いい馬いますもんね。
「上に行けないようなロートルはさっさと引退させて、良血の若駒たちで俺の名声上げてくぜ、ぐっへっへ」感がひしひしと伝わってきます。
やはりこの調教師は好きじゃありません。

現実的に勝ったとはいえタイムは遅いので、1600万では劇的な変化か適性がばっちりはまらない限り勝つのは難しいかと思います。

なのでたくさん走って楽しませてくれればいいのですが、この調教師じゃ無理ですかね(笑)



サーブルノワール

2018年成績(9/9まで)(0-0-0-0-0-2)
主な成績(なし)

残念ながら引退が決まりました。
怪我で約1年の長期離脱。
そこから復帰するも惨敗&走るのやめで早々と見切りをつけられました

怪我からくるメンタル崩壊では回復の施しようがありませんね。
ただサーブルノワールといいバトルデゼルといい、他から買ってきた馬はどうも慎重に扱われてないというか大事にされてないというか・・・
もうちょっとなんとかできたのではないかと思っていしまいます。

馬体はいいものがあったので、精神面を回復して地方で元気に走ってもらえればと思います。



ヴェロニカグレース

2018年成績(9/9まで)(1-1-1-0-0-2)
主な成績(3歳上500万下 1着)

取りこぼしが多かったものの、なんとかフローラSに出走してくれました。
結果は残念でしたが、出てくれただけでも嬉しかったです。
その後手薄な福島での牝馬限定の500万を勝利し、先日の1000万では条件が合わず惨敗しました。

適性的には紫苑Sがよかったと思いましたが、レーヴドリーブが出走予定(怪我で取消)での使い分けでしょうね。
ただ結果を見るに、出走しても掲示板は難しかったと思います。

それにしてもnetkeibaの掲示板での調教師への非難の嵐はすごかったですね。
残口が5月まであったからか、新規や最近始めた方が多いんですかね?
自分はグランドサッシュで耐性がついてるので(笑)何とも思わなかったのですが、武市調教師は10年ちょっとやってまだ平地重賞を勝ってないことを認識しなければなりません。
社台・ノーザンの多少なりともバックアップがあるのにこの結果ということは、そもそも過度な期待をしてはいけないのです。
値段を考えれば満足できる結果が出ていると思うんですけどね。
勘違いしている人もいるかもしれませんが、ブラストワンピースが例外なだけですよ(笑)

春先の重賞や前走の結果を見るに、
OP=厳しい
1600万=まあ厳しい
1000万=条件合えば
が現状の力だと思います。

その条件が
①芝
②1600~1800m
③上がり時計のかかる競馬場
④現状は右回り

ワンチャンで秋の新潟の魚沼特別という可能性がありますが、ここも上がり勝負になりそうだし・・・
12月の中山開幕週まで放置が有力ですかね。

成長して福島牝馬SやクイーンS、ターコイズSに出走してくれないかとちょっと期待しています。



ネイルドイット

2018年成績(9/9まで)(0-0-0-0-0-4)
主な成績(なし)

まあ想定通りというか残念な結果で未勝利引退となってしまいました。
怪我がなければもうちょっとやれたと思っているんですけどね。

ワークフォースはもういないですし、自分の見る目がなかったと反省しております。
弟が重賞勝ったことが、繁殖牝馬を見る目が多少あったとの無理やりのポジ要素でしょうか(笑)



フォートワズワース

2018年成績(9/9まで)(1-0-0-1-0-0)
主な成績(2歳未勝利 1着)

デビュー前からダート馬であろう調教時計だったので、デビュー戦は過度な期待をしていませんでした。
案の定キレ負けしましたが、最後まで粘る姿は未勝利馬のそれではありませんでした。

そして放牧明けのダート戦。
圧倒的人気だったので大丈夫だろうと思っていたら、予期せぬ中段からの競馬。
最後までハラハラドキドキさせてくれましたが、なんとか差し切ってくれました。

余裕残しの仕上げ、デムーロJも上積みが見込めるとのことで、続戦でヤマボウシ賞に出走予定です。
さすが西村調教師、ストレスフリーな人です!!

もし勝てたら兵庫JG→全日本2歳優駿のローテ希望ですが、次走では地方で走ることを考えてもう少し前で競馬をしてもらいたいですね。
負けてもダートの500万条件は年末までたくさんあるので、ダート1600や1800でどんなレースをするのか試してもらいたいです。

現状は1番の期待馬、外国産馬にありがちな早枯れでないことだけを願っています。



ジェラーニオ

2018年成績(9/9まで)(未出走)
主な成績(なし)

ゲート試験も合格してデビューまで進めるぞって時に球節が腫れてしまいました(+o+)
なってしまったものはしょうがないので、1日でも早く回復してほしいです。

1番の問題はデビュー時期。
特に1月の新馬戦は優先出走権があっても出られないとかざらです。
なんとか12月デビューに間に合ってほしいのですが、厳しいかな~。

春先での動画の動きなら未勝利で終わる器じゃないと思っています。
怪我の影響なく、この馬本来の実力を発揮できるよう祈っています。




スポンサーサイト

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

愛馬の去年の振り返りと今年の展望

年も明けたことですし、去年の愛馬の振り返りと今年の展望をしていきたいと思います。


グランドサッシュ
2017年成績(0-0-1-1-2-3)
主な成績(佐渡S 3着)

残念ながら勝利を挙げることはできませんでしたが、
故障もなく年間通して走ってくれて1年間楽しめました。
この孝行馬っぷりには頭が下がる思いです。

着外の3走も休み明けや初騎乗など理由があるものなので、
7歳となった今年もまだまだ活躍できるでしょう。

この馬の課題は4コーナーでスピードが上がらず最後届かない所。
かといってまくると最後に脚がたれてしまいます。
馬の力だけではもう勝てないと思うので、ジョッキーの力が必要になります。

ここ2年間で関西遠征×、2000M×がわかったと思うので、
今年は東京、中山、新潟の2200~2500Mがメインになっていくでしょう。

不満があるとすれば騎手起用。
特に大野Jはこの馬の脚の使いどころがわかっておらず、いつも最後なだれ込むだけ。
この馬に関しては上位騎手が空いていないのなら津村Jでいいと思います。

次走の早春Sはこの馬のベストの舞台。
もちろん騎手によって期待値が違いますが笑・・・
ここで勝てなくても好走するようなら、
思い出作りになっても構わないのでダイヤモンドSに登録してくれないかと思っています。


ディグニファイド
2017年成績(0-0-0-1-0-3)
主な成績(福島放送賞 4着)

一昨年からのゲート難からの競争除外が尾を引き冬から春にかけて惨敗。
そして骨折&去勢と我慢の1年となりました。

休み明けをまくって4着となったのは朗報で、
得意コースならこのクラスでもまだまだ勝負になると感じさせてくれました。

この馬の課題は気性で、玉を取ってもまだまだあぶなっかしい所があるそうです笑
出遅れ癖ももう治らないと思うので、
今後もまくってどこまで行けるかの競馬でいいと思います。

不満は調教師の使い方ですね。
適正が小回り1700~1800Mなのでそこ狙いなのはわかるのですが、
大型馬の休み明けで優先出走権取れたのに即放牧は解せません。
適正外なところで叩きつつ適正のある所で勝負という形を期待していました。

ただ考えているうちにこれは調教師ではなくクラブ側が決めたことなのではないかと思い始めました。
入厩制限が90頭と決められているので、頭打ちの馬は叩き台とかないのかもしれませんね。
同じような成績の馬を持っている方々も歯痒い思いをしていると思いますが、
勝負の世界、実力の世界、仕方ないことですね。

うまくはまれば1000万も勝てると思うので頑張ってほしいです。


サーブルノワール
2017年成績(1-0-1-0-1-2)
主な成績(3歳未勝利 1着)

出遅れる、キレない、スピード足りないで芝に見切りをつけられダートへ。
ダート長距離という適性舞台を見つけなんとか1勝できました。
その後は芝に戻されるも大敗、そして蟻洞発見。
勝利を挙げる前からあったとのことなので、なんともお粗末なことです。。。
痛いながらも本当に頑張ってくれたと思います。

その後治療中に今度は種子骨靭帯を損傷と踏んだり蹴ったり(+o+)
まだ復帰の目途が立ちません。
早くても春の東京開催だと思うので、今後は順調にいってもらいたいです。

とりあえずはダート長距離でいつかは芝の長距離でもというのが理想です。
能力的に厳しいのは承知ですが・・・

あとは転厩先に注目しています。
実力的に高柳、新開、和田正一厩舎辺りかな。
新人調教師に充てられたら期待されてないのかと勘ぐります。


ヴェロニカグレース
2017年成績(1-0-1-0-0-0)
主な成績(2歳未勝利 1着)

今、一番の期待馬!!
小回りにも対応する器用さと最後には必ず伸びてくる末脚を武器に、
早いうちに1勝することが出来ました!
年明けの500万も2着と好走も私は全然納得していません(津村~怒)

シルクが去年並みの成績だったらクラシックに向けて良い待遇を受けるのですが、
幸か不幸か現3歳世代の牝馬は粒ぞろい。
厩舎的にも騎手は中堅どころしか用意できないでしょう。
トライアルだけでも上位騎手を配してくれないかと思っています。

次走はフラワーCかミモザ賞でしょうが、ムーンライトナイトがミモザ賞とのことなので、
フラワーCに格上挑戦する気がします。
1勝馬抽選の可能性もありますが、なんとかフラワーCに・・・
ただロックディスタウンもここ目標とのことなので、メンバーレベルは高くなりそうですね。


ネイルドイット
2017年成績 未出走

去年1月の調教動画を見て購入したものの、その後はペースを上げると疲れが出ての繰り返し。
やはり早い時期の調教を見たところで素人には意味がないものと悟りました・・
(アーモンドアイの調教動画を見たのですが、良いと思えたのは4月からでした)

やっと入厩のアナウンスがされ、今日美浦に入厩しました。
まずはゲート試験、その後使うのか成長を促すか。

速いとこをやると支障が出るということは、根本的に体質が弱い、脚が遅いということ。
芝馬だと思うので8月までに何走できるかというところですね。
いい意味で期待を裏切ってくれればと思います。



全馬、勝つことも大事ですが何よりも怪我なく順調にいってもらいたいのが一番です。
走る姿をたくさん見せてもらいたいですね。

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

まさか当たるとは・・・

*前回の記事でオブセッションにノーザン提携後初GⅠを期待みたいなことを書きましたが、既にローブティサージュが勝っていましたね。
忘れていました、すみません|ω・`)

キャプチャ4

どうしよう・・・(^^;

当たるなんてこれっぽっちも思っていなかったんで焦っています(笑)
計算してみたら当選率は19%
結構辛口なことばかり書いているのに忖度してくれてるとは・・・
だったら2015年産の時に何か引っかかってよって話です笑

そもそもポチったきっかけは
「今年は諸事情で1次募集参加できなかったし寂しいなー」
「2次募集か・・・行くんだったら外国産のやつかな」
「応募総数1,000口以上!?無理、無理、むーり」
「1口25円とかなってるじゃん!!どうせ当たらんし、おもしろそうだからポチったろ」

結果これですよ、これ笑

もちろん行くからにはそれなりの根拠があったわけですが、不安要素も結構抱えていると思うわけで・・・
ではどんな馬か考察していきましょう!!

Opulenceの2016

牡馬 募集総額2,500万円
父Verrazano
母Opulence
母の父Giant's Causeway
生年月日2016年2月19日
栗東 西村真幸厩舎
体高156.0胸囲190.0管囲22.0馬体重516
100%回収獲得賞金額:8,200万円

祖母は102年ぶりに牝馬でベルモントSを制したRags to Riches。
祖母の兄弟にはベルモントS馬Jazil、ピーターパンSを制し現在日本で種牡馬として活躍しているカジノドライヴがいます。
祖母の初仔が母ですが未出走で繁殖入り。
本馬は母の2番仔になるんでしょうかね。
Giant's Causeway×Better Than HonourのMan of Ironという馬がグレ-ドなしBCマラソンを制しているので、母の配合は悪くはないでしょう。
(そのBCマラソンのレベルに疑問符はつきますが)

父Verrazanoはハスケル招待Sを9 3/4馬身つけて勝っています。
(タイムは過去20年で1番遅いのでレースレベル自体に疑問符ですが)
4歳時には欧州で走りクイーンアンSで2着と芝ダート万能型でした。
9ハロンまでが(6.1.2.1)に対し10ハロン以上が(0.0.0.3)
ミスプロクロスにWoodman、Haloと日本では芝ダート問わずにマイル前後で活躍する産駒が出てきそうです。
(最近ではタワーオブロンドンやエアアルマスなど、どう見てもダート血統な馬が芝で走るので尚更ですね)

そして本馬ですがまず目に付くのは5代血統表が真っ赤っ赤(笑)
Giant's Causeway 3×2
Blushing Groom 5×5×5
Mr. Prospector 4×5
Northern Dancer 5×5
Secretariat 5×5
よくもまあこんな配合考えたものです。
ご存じの通り濃いインブリードで1番恐いのが虚弱体質のリスク。
一口馬主にとっては走らないよりも走れないのほうが辛いですからね。
正直1番のネックでしたけど、馬体を見る限り悪いところはないんで大丈夫と信じています。

厩舎はソーディヴァインで失態があったものの年々成績を上げている関西の有望株。
厩舎は問題ないんですが最近のシルクが関東>関西なのが気になるところ。
2歳の勝ち上がり22頭中、関東17関西5ですからね。
明らかに偏りすぎです。
んー、天栄としがらきの問題なんですかね。
サンデーRとキャロットはここまで差がないので、しがらきで何かあるのかな??

側尺は米国産らしくボリューミー!!
芝でもと思っているので馬体重はこれ以上増えてほしくないですね。

いろいろ書きましたが決めてになったのは
「万が一活躍したら本当に数%だけど種牡馬入りの可能性あるんじゃね??」
ってところです。

Halo、Storm Cat、Mr. Prospector、Blushing Groomとディープに相性のいい血をたくさん持っているんですよね。
だからこれからもたくさん増えるディープ牝馬用に、カジノドライヴの後継に、この馬が種牡馬になってくれたらうれしいなと夢見ちゃいました笑
ただそれだけの素質があるなら吉田一族で持ちますよね・・・
価格も外国産馬にしては安いですしね・・・

自分は本来こういったリスクの高い馬にはいかないんですが・・・
ただでさえ相性の悪い抽選当たり馬
プリンセスノワール=今のところ唯一未勝利(察し)

ご一緒の皆様、よろしくお願いしますm(__)m

さて馬名考えよー♪♪





テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示