愛馬の去年の振り返りと今年の展望

年も明けたことですし、去年の愛馬の振り返りと今年の展望をしていきたいと思います。


グランドサッシュ
2017年成績(0-0-1-1-2-3)
主な成績(佐渡S 3着)

残念ながら勝利を挙げることはできませんでしたが、
故障もなく年間通して走ってくれて1年間楽しめました。
この孝行馬っぷりには頭が下がる思いです。

着外の3走も休み明けや初騎乗など理由があるものなので、
7歳となった今年もまだまだ活躍できるでしょう。

この馬の課題は4コーナーでスピードが上がらず最後届かない所。
かといってまくると最後に脚がたれてしまいます。
馬の力だけではもう勝てないと思うので、ジョッキーの力が必要になります。

ここ2年間で関西遠征×、2000M×がわかったと思うので、
今年は東京、中山、新潟の2200~2500Mがメインになっていくでしょう。

不満があるとすれば騎手起用。
特に大野Jはこの馬の脚の使いどころがわかっておらず、いつも最後なだれ込むだけ。
この馬に関しては上位騎手が空いていないのなら津村Jでいいと思います。

次走の早春Sはこの馬のベストの舞台。
もちろん騎手によって期待値が違いますが笑・・・
ここで勝てなくても好走するようなら、
思い出作りになっても構わないのでダイヤモンドSに登録してくれないかと思っています。


ディグニファイド
2017年成績(0-0-0-1-0-3)
主な成績(福島放送賞 4着)

一昨年からのゲート難からの競争除外が尾を引き冬から春にかけて惨敗。
そして骨折&去勢と我慢の1年となりました。

休み明けをまくって4着となったのは朗報で、
得意コースならこのクラスでもまだまだ勝負になると感じさせてくれました。

この馬の課題は気性で、玉を取ってもまだまだあぶなっかしい所があるそうです笑
出遅れ癖ももう治らないと思うので、
今後もまくってどこまで行けるかの競馬でいいと思います。

不満は調教師の使い方ですね。
適正が小回り1700~1800Mなのでそこ狙いなのはわかるのですが、
大型馬の休み明けで優先出走権取れたのに即放牧は解せません。
適正外なところで叩きつつ適正のある所で勝負という形を期待していました。

ただ考えているうちにこれは調教師ではなくクラブ側が決めたことなのではないかと思い始めました。
入厩制限が90頭と決められているので、頭打ちの馬は叩き台とかないのかもしれませんね。
同じような成績の馬を持っている方々も歯痒い思いをしていると思いますが、
勝負の世界、実力の世界、仕方ないことですね。

うまくはまれば1000万も勝てると思うので頑張ってほしいです。


サーブルノワール
2017年成績(1-0-1-0-1-2)
主な成績(3歳未勝利 1着)

出遅れる、キレない、スピード足りないで芝に見切りをつけられダートへ。
ダート長距離という適性舞台を見つけなんとか1勝できました。
その後は芝に戻されるも大敗、そして蟻洞発見。
勝利を挙げる前からあったとのことなので、なんともお粗末なことです。。。
痛いながらも本当に頑張ってくれたと思います。

その後治療中に今度は種子骨靭帯を損傷と踏んだり蹴ったり(+o+)
まだ復帰の目途が立ちません。
早くても春の東京開催だと思うので、今後は順調にいってもらいたいです。

とりあえずはダート長距離でいつかは芝の長距離でもというのが理想です。
能力的に厳しいのは承知ですが・・・

あとは転厩先に注目しています。
実力的に高柳、新開、和田正一厩舎辺りかな。
新人調教師に充てられたら期待されてないのかと勘ぐります。


ヴェロニカグレース
2017年成績(1-0-1-0-0-0)
主な成績(2歳未勝利 1着)

今、一番の期待馬!!
小回りにも対応する器用さと最後には必ず伸びてくる末脚を武器に、
早いうちに1勝することが出来ました!
年明けの500万も2着と好走も私は全然納得していません(津村~怒)

シルクが去年並みの成績だったらクラシックに向けて良い待遇を受けるのですが、
幸か不幸か現3歳世代の牝馬は粒ぞろい。
厩舎的にも騎手は中堅どころしか用意できないでしょう。
トライアルだけでも上位騎手を配してくれないかと思っています。

次走はフラワーCかミモザ賞でしょうが、ムーンライトナイトがミモザ賞とのことなので、
フラワーCに格上挑戦する気がします。
1勝馬抽選の可能性もありますが、なんとかフラワーCに・・・
ただロックディスタウンもここ目標とのことなので、メンバーレベルは高くなりそうですね。


ネイルドイット
2017年成績 未出走

去年1月の調教動画を見て購入したものの、その後はペースを上げると疲れが出ての繰り返し。
やはり早い時期の調教を見たところで素人には意味がないものと悟りました・・
(アーモンドアイの調教動画を見たのですが、良いと思えたのは4月からでした)

やっと入厩のアナウンスがされ、今日美浦に入厩しました。
まずはゲート試験、その後使うのか成長を促すか。

速いとこをやると支障が出るということは、根本的に体質が弱い、脚が遅いということ。
芝馬だと思うので8月までに何走できるかというところですね。
いい意味で期待を裏切ってくれればと思います。



全馬、勝つことも大事ですが何よりも怪我なく順調にいってもらいたいのが一番です。
走る姿をたくさん見せてもらいたいですね。

スポンサーサイト

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

まさか当たるとは・・・

*前回の記事でオブセッションにノーザン提携後初GⅠを期待みたいなことを書きましたが、既にローブティサージュが勝っていましたね。
忘れていました、すみません|ω・`)

キャプチャ4

どうしよう・・・(^^;

当たるなんてこれっぽっちも思っていなかったんで焦っています(笑)
計算してみたら当選率は19%
結構辛口なことばかり書いているのに忖度してくれてるとは・・・
だったら2015年産の時に何か引っかかってよって話です笑

そもそもポチったきっかけは
「今年は諸事情で1次募集参加できなかったし寂しいなー」
「2次募集か・・・行くんだったら外国産のやつかな」
「応募総数1,000口以上!?無理、無理、むーり」
「1口25円とかなってるじゃん!!どうせ当たらんし、おもしろそうだからポチったろ」

結果これですよ、これ笑

もちろん行くからにはそれなりの根拠があったわけですが、不安要素も結構抱えていると思うわけで・・・
ではどんな馬か考察していきましょう!!

Opulenceの2016

牡馬 募集総額2,500万円
父Verrazano
母Opulence
母の父Giant's Causeway
生年月日2016年2月19日
栗東 西村真幸厩舎
体高156.0胸囲190.0管囲22.0馬体重516
100%回収獲得賞金額:8,200万円

祖母は102年ぶりに牝馬でベルモントSを制したRags to Riches。
祖母の兄弟にはベルモントS馬Jazil、ピーターパンSを制し現在日本で種牡馬として活躍しているカジノドライヴがいます。
祖母の初仔が母ですが未出走で繁殖入り。
本馬は母の2番仔になるんでしょうかね。
Giant's Causeway×Better Than HonourのMan of Ironという馬がグレ-ドなしBCマラソンを制しているので、母の配合は悪くはないでしょう。
(そのBCマラソンのレベルに疑問符はつきますが)

父Verrazanoはハスケル招待Sを9 3/4馬身つけて勝っています。
(タイムは過去20年で1番遅いのでレースレベル自体に疑問符ですが)
4歳時には欧州で走りクイーンアンSで2着と芝ダート万能型でした。
9ハロンまでが(6.1.2.1)に対し10ハロン以上が(0.0.0.3)
ミスプロクロスにWoodman、Haloと日本では芝ダート問わずにマイル前後で活躍する産駒が出てきそうです。
(最近ではタワーオブロンドンやエアアルマスなど、どう見てもダート血統な馬が芝で走るので尚更ですね)

そして本馬ですがまず目に付くのは5代血統表が真っ赤っ赤(笑)
Giant's Causeway 3×2
Blushing Groom 5×5×5
Mr. Prospector 4×5
Northern Dancer 5×5
Secretariat 5×5
よくもまあこんな配合考えたものです。
ご存じの通り濃いインブリードで1番恐いのが虚弱体質のリスク。
一口馬主にとっては走らないよりも走れないのほうが辛いですからね。
正直1番のネックでしたけど、馬体を見る限り悪いところはないんで大丈夫と信じています。

厩舎はソーディヴァインで失態があったものの年々成績を上げている関西の有望株。
厩舎は問題ないんですが最近のシルクが関東>関西なのが気になるところ。
2歳の勝ち上がり22頭中、関東17関西5ですからね。
明らかに偏りすぎです。
んー、天栄としがらきの問題なんですかね。
サンデーRとキャロットはここまで差がないので、しがらきで何かあるのかな??

側尺は米国産らしくボリューミー!!
芝でもと思っているので馬体重はこれ以上増えてほしくないですね。

いろいろ書きましたが決めてになったのは
「万が一活躍したら本当に数%だけど種牡馬入りの可能性あるんじゃね??」
ってところです。

Halo、Storm Cat、Mr. Prospector、Blushing Groomとディープに相性のいい血をたくさん持っているんですよね。
だからこれからもたくさん増えるディープ牝馬用に、カジノドライヴの後継に、この馬が種牡馬になってくれたらうれしいなと夢見ちゃいました笑
ただそれだけの素質があるなら吉田一族で持ちますよね・・・
価格も外国産馬にしては安いですしね・・・

自分は本来こういったリスクの高い馬にはいかないんですが・・・
ただでさえ相性の悪い抽選当たり馬
プリンセスノワール=今のところ唯一未勝利(察し)

ご一緒の皆様、よろしくお願いしますm(__)m

さて馬名考えよー♪♪





テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

シルク好調2歳勢とヴェロニカグレース

シルクの2歳勢が好調です。

去年は年末までのOP馬がアズールムーン1頭に対し今年はオブセッション、ルーカス、アンブロジオと3頭。
12/3時点で勝ち上がり20/75(約26%)と例年以上の成績を上げています。

オブセッションは1次で満口になりませんでした。
理由としては全兄2頭が全然走らなかったのと価格でしょうか。
しかしノーザン生産×ディープ牡馬500kg以上×母は米GⅠ馬×ディープと相性の悪い血なし(Gone West等)と、全兄と馬主に目をつぶればもっと注目されてもいい馬でした。
自分の募集馬評価でもディープ牡馬3頭の中で1番いい評価をしたんですけど、お金ないんで手は出なかったですw
シクラメン賞の勝ち方からも、現時点でクラシックの有力候補の1頭ですね。
重賞は勝てるでしょうし、ノーザン提携後初のGⅠ馬はこの馬かなと。

ルーカスは東スポ杯でワグネリアンに完敗もなんとか2着を確保。
現時点での完成度の差を見せつけられましたね。
次走はホープフルSに決まりましたが、堀厩舎らしく慎重に慎重を重ねて最終判断をするようです。
相手もそれほど揃わないんで複勝圏ぐらいかなと思っているんですが、デムーロを配してきましたからね。
「シルクにGⅠを」とノーザン側の思惑があると思うんで、忖度あるかなww

牝馬ではアーモンドアイとプリモシーンが次走重賞を使う予定です。
アーモンドアイは楽な手応えで、プリモシーンはかなりの好時計でそれぞれ勝っているんで、どちらも勝ち負けまで期待できるんではないでしょうか。

そしてこの素質馬たちに迫ってほしいと期待しているのが、愛馬ヴェロニカグレースです。

前走は中山芝2000で牡馬相手に完勝し、そのレースの4,5,6着馬は既に勝ち上がっています。
2着馬もその後3着、2着と来ているように、かなりレベルの高い未勝利戦でした。

勝った後は天栄に放牧に出され、ようやく次走が1/8の芝2000に決まりました。

体調が~、冬毛が~といろいろ言われて先延ばしにされましたが、本当の理由はただの使い分けでしょう。
今年のシルク2歳は特に関東馬が好調で、芝500万中距離に出したい馬がたくさんいます。
そういった時に割を食うのがヴェロニカグレースのような低価格馬です。
高い馬を買える人=高所得者を敵に回すと大変ですからね。
日本は資本主義、仕方のないことです。
そんな自分の妄想ではなく、「期待馬だから手薄な時期に確実に勝ってクラシックへ」とかだったら最高ですww

サンデーRのコズミックフォース等強い馬も出てくるので厳しい戦いになると思いますが、1勝馬でもフラワーC、フローラSには出走の可能性があります。
「フローラSで権利を取りオークス出走へ」がこの馬での目標なんでぜひ頑張ってほしいです!!
現時点の素質なら行けると思っています!!



テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示