シルク 2016 キングカメハメハ産駒(関西)

現在のナンバー2種牡馬、キングカメハメハ。
産駒は芝ダート問わず、ディープよりも母良血の馬がそのまま走る傾向があります。
ただシルクでは獲得賞金3,000万以上は皆無。
今までは募集価格に見合ってませんが、今年はどうでしょうか。


41 ザグレースの15 牡 募集総額2,500万円
            体高154.5 胸囲167.5 管囲20.2 体重381
            2月14日生まれ 小崎憲厩舎
            100%回収獲得賞金額:8,200万円

本馬は母の2番仔。半兄は一頓挫あったみたいで未デビューです。

あのヴァナヘイムと7/8同血で、違いはダイナカールとゴールデンサッシュ。
ザグレース自身の成績は振るわなかったですが、血統はいいです。

しかし問題が馬体です。
前にも書きましたが、キンカメは完成の早い種牡馬。
2/14生まれでこの馬体重では・・・。
全体的に貧相に見えます。

総合的に見て、デビュー出来るのかも怪しいと思います。
キンカメ牡馬がこの値段ということは、お察ししろということです。

評価:D


41 リビアーモの15 牡 募集総額4,500万円
            体高153 胸囲172 管囲20 体重444
            5月11日生まれ 角居勝彦厩舎
            100%回収獲得賞金額:11,331万円

本馬は母の4番仔。母はオープン馬ですが産駒はまだ1勝馬止まり。

血統の注目は母父アドマイヤベガ。
3歳以上で312頭いて重賞馬は2頭、獲得賞金1億以上は4頭。
またノーザン産の最高が1000万勝ち。母父として振るわない結果となっています。
そして次に付けられているのがワークフォース。ノーザン側の期待の薄さを感じます。

価格は馬4,000万に角居厩舎で+500万。
厩舎は超一流ですが、シルクでは訳ありそうな馬しか預っていません。
厩舎人気で黙っていても売れるからでしょうか。(もちろんラストインパクトは対象外です)
馬体はまだまだ成長するでしょう。

総合的に見て、サンデーRから見限られてシルクへと考えると何か訳ありそうな馬に思えます。

評価:D


41 ヒカルアマランサスの15 牝 募集総額3,500万円
                体高150 胸囲177.5 管囲19.9 体重461
                1月30日生まれ 池江泰寿厩舎
                100%回収獲得賞金額:8,833万円

本馬は母の3番仔。半姉は現在2勝。全姉もシルクで募集されました。

血統はキンカメ×タキオンで芝ダート兼用。
そしてこの母も次に付けられているのがワークフォース。
どうなんでしょうか・・・

価格は馬3,000万に池江厩舎で+500万。
その池江厩舎は最近でこそミッキークイーン、ミスエルテが出てきましたが、
圧倒的に牡馬の方が成績がいいです。

馬体はサイズはいいのですが、
1月生まれで腰高なのはキンカメ産駒としてはどうなのでしょうか。
バランスが良くないように思えます。

総合的に見て、500万クラスの馬ではないのかと。

評価:D



スポンサーサイト

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示