キャリコの一口馬主とPOGを考察する

ホーム 全記事

グランドサッシュ結果&インストレーション引退

2016/10/24 <レース結果>

グランドサッシュ
10/22(土)京都10R 古都ステークス 1600万下(混)〔芝2,400m・12頭〕6着[2人気]

まずまずのスタートを切ると5番手あたりで1コーナーに差し掛かり、道中は脚を溜めながら追走、3コーナーを過ぎたあたりから前を窺いに行き、4コーナーで先団に取り付けて追い出しにかかりますが、内にモタれ気味になったことで、修正しながらの追い出しとなり、伸びを欠いた為に6着でゴールしました。

和田竜二騎手「積極的に位置を取りに行ってほしいと指示がありましたが、他に速い馬がいた為にあれ以上は無理しませんでした。右にモタれるところがあると聞いていましたから、そのあたりには気を付けていましたが、3コーナーから促していくと内にモタれ気味に走っていました。そこは特に影響はありませんでしたが、それより直線に入って手前を変えたあたりからトモが嵌ってこないことで極端にモタれてしまい、修正しながら追い出す形になった分、脚を余す結果になってしまいました。ラスト1ハロンでトモが嵌るとジリジリ脚を使ってくれましたから、そのあたりがスムーズならもっと際どい競馬をしていたと思います」

武市康男調教師「3コーナーから4コーナーにかけて内にモタれるところがあったようです。直線に入って手前を変えてから、トモが嵌るまで修正しながらの追い出しとなってしまった為に伸び切れず、しっかり走れたのは最後の1ハロンだけでしたね。ここ数戦の中ではいい意味で気が前向きになって闘志を見せてくれていましたから、今の状態でどこまで右回りコースに対応してくれるか楽しみにしていましたが、左回りコースと比較すると課題が残るレースになってしまいました。今後、右回りコースを使う時は右側だけ馬具を試すなり改善していきたいと思います。トレセンに戻って状態を確認してから、今後のことを検討させていただきます」

残念な結果に終わりましたが、右回り&輸送が響いてのものだと思うんで悲観していません。
このクラスを勝ちきれる力はあるので得意の東京で巻き返したいですね。
ただしばらく適鞍がないんですよね。


そしてインストレーションの引退が発表されました。

2016/10/21 <近況>

在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄

中川公成調教師「天栄到着後に詳しい検査を行ったところ、左前繋靭帯炎が競馬の前よりも更に悪化していることがわかりました。再び治療しつつ競馬に向かうまでには少なくても半年以上はかかると思われます。500万クラスを勝つ能力はあるはずなのですが、脚部不安で順調に使うことができず、十分に能力を発揮させることができませんでした。申し訳ありません」 今後について協議を行った結果、復帰までには相当の時間が掛かる見込みであり、このような状況では、ご出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性が高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたしました。21日に登録抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定です。

1,200万の安馬ながら未勝利、500万と連勝して大きな飛躍を期待させてくれました。
能力的には1600万でも通用すると思っていたのですが、度重なる怪我で順調にいきませんでした。
靭帯炎の繰り返しを危惧しての引退決断だと思うのですが、11戦しか使われていないのならもう一度治すことを考えてもよかったのではと思います。
ビッグクラブになったシルクにはノーザン産でも良血でもないこの馬をいつまでも置いといてもしょうがないと思われたのかもしれません。(そうではないと願いますが)
乗馬になれることは一安心。ありがとうございました。
回収率は概算ですが{(本賞金2,826+手当他529)×0.7}÷(馬代1,200+維持費2,300+保険料97)=65%
怪我が悔やまれる結果となりました。

それにしてもシルク募集馬の売れ行きがすごいです。
以前ならまだまだ様子見できそうな馬でもバンバン売れていきます。
庶民でも楽しめるクラブなのかは甚だ疑問ですが・・・
インストレーションのような馬も用意してくれませんかね


スポンサーサイト

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad