キャリコの一口馬主とPOGを考察する

ホーム 全記事

2015年産ウインドインハーヘア牝系の気になる馬

今回はウインドインハーヘア牝系の馬を挙げていきます!

スルージエアーの2015

父:エイシンフラッシュ
母:スルージエアー
母父:ダンスインザダーク
馬主:NICKS
取引価格:5,616万円(セレクトセール)

兄弟は未勝利ですが3番仔にして初の牡馬。
新種牡馬のエイシンフラッシュ産でこの価格は相当出来がよかったのかと。
馬主も高額で落札したスワーヴリチャードが走りそうですし、信頼できそうです。
おそらく庄野厩舎でしょう。
エイシンフラッシュが見栄えのする馬で、見栄えだけという可能性もありますが、
注目度も高くないでしょうし、中位~下位でおもしろいと思います。


ハワイアンウインドの2015

父:ハーツクライ
母:ハワイアンウインド
母父:キングカメハメハ
厩舎:高野友和(栗東)
馬主:社台オーナーズ
募集総額:2,500万
初仔

祖母ライクザウインドはあれだけの良血ながら勝利をあげた産駒はただ1頭。
それが母であるハワイアンウインドで3勝しました。
ハーツ×ミスプロ×ダンジグの自分的黄金配合に加え、
あのdskさんも一押しというところも心強い!
牝馬なんで高野厩舎の調教は不安ですが、
ファンディーナがクラシック戦線に乗っていけるかで判断したいところです。
dskさんの紹介で、考えているより上の順位じゃないと取れないかもしれませんね。


ガールオンファイアの2015

父:ロードカナロア
母:ガールオンファイア
母父:アグネスタキオン
主な兄弟:アグニシャイン
馬主:黒川哲美(KTレーシング)
取引価格:5,076万円(セレクトセール)

祖母はウインドインハーヘア牝系のなかでも一番活力のあるレディブロンド。
兄アグニシャインは素質がありながらも骨折してしまいました。
母父タキオンの体質の弱さが出ているのでしょうかね。
母が実績なく新種牡馬ロードカナロアでこの価格は出来が良かったのでしょう。
馬主はここ最近セールで数多く落札していますが、まだ結果が出ていません。
高額馬を落札し始めたこれからが勝負ですかね。
馬主と近しい人(おそらく)の情報によると藤岡厩舎のようです。
情報が早めに出て速攻系ならおもしろいと思います。


ラドラーダの2015

父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ
母父:シンボリクリスエス
主な兄弟:レイデオロ
厩舎:藤沢和雄(美浦)
馬主:キャロット
募集総額:7,000万円

兄の活躍により説明不要のドラ1候補になるでしょう。
育成も順調みたいですね。
自分は二番煎じが好きじゃないので指名候補には入れないと思います。
マラソンの景品になれば別ですが・・・(笑)


ブリリアントクランの2015

馬名:ラヴィングフレーム
父:ヴィクトワールピサ
母:ブリリアントクラン
母父:ロックオブジブラルタル
主な兄弟:クラウンアゲン
厩舎:田中清隆(美浦)
馬主:矢野秀春

名前の響きがいいなってだけで気になった本馬。
同馬主、同牧場のアローキャリーのように・・・ってのは都合のいい話でしょうか。
POG本で良いコメントあったら考えます。


そして今回は???な馬たちも挙げていきます。

ラフィエスタの2015
マシュールの2015

どちらも父ノヴェリスト。
ノーザンファームで付けられている繁殖牝馬の質が年々悪くなっているように感じます。
期待の少なさが窺えます。
ハービンジャーは好きですけど、ノヴェリストはあんまりな感じです(笑)
母父で本領発揮するのではと思います。


レディスキッパーの2015

姉アドマイヤミヤビの活躍により注目を集めるでしょうが、
姉より落札価格が低く、ユニバンスさんではちょっと心許ないです。
人気するようならオミットしたいと思います。


以上になります。

スルージエアーの2015
ハワイアンウインドの2015

が狙い目的に妙味になりそうです。


スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

FC2Ad