キャリコの一口馬主とPOGを考察する

ホーム 全記事

これでは会報と変わらないではないか

散々な成績から無意識に目をそらしたかったのか、3月の愛馬の振り返りを完全に忘れていました(笑)


グランドサッシュ
 3/11(土)中山10R サンシャインステークス〔芝2,500m・10頭〕8着[6人気]

まずまずのスタートを切るも行き脚付かず、中団よりやや後方でレースを進めます。道中は内に入れて脚を溜めますが、直線は思ったほどの伸び脚が見られず後方のままゴールしています。

横山典弘騎手「久々のせいか全体的に硬かったですね。トモにも力が付いていないからスタートでも踏ん張りが利かなかったです。また、踏ん張りが利かないから、頭の位置がいつもより低く、ハミにモタれて走っていました。気性的にはずいぶん成長し、道中は落ち着いて走れるようになりましたし、コーナーでいくらか右にモタれたけど、それほど影響はありませんでした。久々を叩いて次はよくなるのではないでしょうか」

武市康男調教師「休養期間の割にトレセンでの調整が足りなくて、急仕上げになったことは否定できないですし、それは反省しなければならないところだと思います。申し訳ありません。その辺は横山騎手にも指摘されましたが、体に緩さがある上に動きには硬さがあったようで、トモがパンとしていない分、頭が低くなり体全体を使えていなかったようです。また、今回は片ブリンカーを着用しましたが、横山騎手は着けなくてもいいのではないかと言っていました。一叩きした次回はもっとしっかりしてくるでしょうし、良化が期待できると思いますから、状態に変わりなければ、このまま続戦したいと思います」


全くいいところがなく、横山典騎手も無理をさせなかったんだと思いたいです。
ズブい馬に乗せたら日本一の和田騎手との手綱が合わず、それ以降調子を崩しているように思います。
得意の春の東京にも間に合うか微妙な状況になってしまいました。
年齢的にも引退へのカウントダウンが近づいているので、なんとかもう一花咲かせてもらいたいです。
(もちろん乗り替わりで笑)


ディグニファイド
 3/11(土)中京12R 瀬戸特別〔D1,800m・16頭〕9着[11人気]

スタートで後手を踏み、道中は10番手辺りを追走、4コーナーで外を回って押し上げて行き、直線に向いて追い出されると伸びかけたものの、残り200m付近で脚色が鈍り、中団でゴールしています。

川島信二騎手「ゲートの中で前を向かせると好きなように動いてしまうので、横を向かせて自由に動けないような態勢をとっていました。一度バタッとしたところを見せていましたが、横を向かせていればあれ以上は動けないですし、その後は何とか我慢してくれました。道中は折り合いも付いて特に問題なく運べましたが、まだ馬が重いように感じましたね。馬体重はマイナス2㎏でしたが、一度叩いた割には思ったほど減っていませんでしたからね。それでも直線は脚を使ってくれましたし、徐々に良くはなってきていると思います」

斉藤崇史調教師「最後は脚を使ってくれていましたし、もう一列前でレースができればもう少し上の着順に来れていたかもしれませんが、スタートでワンテンポ遅れてしまいましたからね。ただゲートに難がある馬で、横に向かせて我慢させる以外には方法がないと思いますし、あれ以上のスタートを切るのは難しいでしょう。それでも前走は道中我慢できなかったのが、今回は折り合いも付いて追走できていましたし、内容的には良くなってきていると思います。この後はトレセンに戻ってからの状態を見て検討させていただきたいと思います」


こちらも昨秋の昇級戦の除外からリズムを崩してしまいました。
中谷騎手にもフラれ、結果が出ていなくても川島騎手です。
そんなに乗り難しいのでしょうか・・・
現状ではローカル開催でしか勝負にならないと思うので、今週末のレースでは入着を目標に頑張ってもらいたいです。


サーブルノワール
 3/20(月)中山2R 3歳未勝利〔D1,800m・16頭〕8着[2人気]

ポジションを取りに行こうとしますが行き脚が付かず、道中は8番手辺りを追走、3コーナー辺りから徐々に遅れだし、直線で懸命に追われたものの順位は上げられず、中団でゴールしています。

蛯名正義騎手「前走はもっとスタートからスッと楽に行けたのですが、今日は行きっぷりが悪くて、道中は促しながらの追走になってしまいました。向正面で出入りが激しくなった場面までは何とか付いて行きやり過ごすことができたのですが、勝負どころでペースが上がると付いて行くのに苦労しだし、ずっと促しながらでしたから脚が溜まらず、最後は力が上に抜けるような走りになってしまいました。あまり気がいいタイプではないですし、もしかすると久々だったのが影響したのかもしれません」

小島太調教師「前回と違い行きっぷりがもう一つでしたね。勝負どころで、すでにステッキが入っていましたから、気持ちの問題としか考えようがありません。ここに来て馬が変わってきて、調教では自分から動けるようになってきましたし、状態は上がってきていたはずでした。負けることは全く想定していなかっただけに、非常に残念です。長距離血統なので、もう少し距離がある方がいいのかもしれませんし、ここは一息入れて前回好走した東京を目指したいと思います」


蛯名騎手の調子が悪いための惨敗かと思いましたが、アクシデントがあったのですね。
募集時から歩様に心配があったのですが、それがここにきて影響が出始めました。
ダート長距離しか選択肢がない上に(しかも小回りが??)タイムリミットが残り5カ月しかありません。
なんとか1勝お願いします。

なんか今年は1勝もできないのではと思い始めてきました・・・

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

POG ドラフト指名 指名漏れ活躍馬たちの傾向を考察する

それでは前回の続きです。

前回

まずはどうやっても指名不可能だろうという馬を篩に掛けます。
基準は自分の独断と偏見とある程度の常識で、ちょっと甘くしています(笑)

  指名可・不可 理由
2011年産    
ホウライアキコ × 普通に無理
ベルカント 馬名早期×バクシンオー×ノースヒルズでギリギリで
アジアエクスプレス × 情報遅すぎ
プレイアンドリアル × 普通に無理
フォーエバーモア 早期入厩×サンデーRで
バウンスシャッセ キャロット×兄弟実績で
タガノグランパ タガノ×マツパクでギリギリで
マイネルフロスト 早期入厩×マイネル×当時マイナー種牡馬で
ショウナンラグーン セレクトセール×ショウナン×大久保洋厩舎で
ハギノハイブリッド セレクトセール×母良血で
ヌーヴォレコルト × 情報遅すぎ
ウインフルブルーム × 母高齢×売れてない
キングズオブザサン 母スティンガーでギリギリで
タガノブルグ × 普通に無理
マーブルカテドラル 社台RH×早期入厩で
     
2012年産    
アクティブミノル × 普通に無理
ミュゼスルタン 社台生産×キンカメ×セレクト高額
ココロノアイ ステゴ×デインヒルの相性の良さでギリギリで
レッツゴードンキ × 普通に無理
タガノエスプレッソ × 普通に無理
サトノクラウン セレクト高額×金子オーナー競っていたで
アルマワイオリ × 普通に無理
グァンチャーレ × 普通に無理
ルージュバック ギリギリまで売れ残りもキャロットで
ヤマカツエース 早期入厩×母OP馬で
キタサンブラック × 情報遅すぎ
シングウィズジョイ 早期入厩×母OP馬×社台で
アルビアーノ dskさん信者なら
ノットフォーマル × 普通に無理
クイーンズリング × 情報遅すぎ
タガノアザガル × 普通に無理
     
2013年産    
アドマイヤエイカン 早期入厩×須貝厩舎×ノーザン産で
プロフェット ハービンジャー×池江厩舎×キャロットで
シュウジ 早期入厩×兄重賞馬同厩舎でギリギリで
メジャーエンブレム 早期入厩×早期好調教×サンデーRで
スマートオーディン × ダノンシャンティ×マツクニ厩舎とはいえ兄弟実績より無理
エアスピネル 母エアメサイアで
ブレイブスマッシュ × 普通に無理
ダンツプリウス × 普通に無理
トウショウドラフタ × 普通に無理
ソルヴェイグ GⅠレーシング×ダイワメジャーでギリギリで


そして残ったのが下記の22頭です。

2011年産
ベルカント
フォーエバーモア
バウンスシャッセ
タガノグランパ
マイネルフロスト
ショウナンラグーン
ハギノハイブリッド
キングズオブザサン
マーブルカテドラル
2012年産
ミュゼスルタン
ココロノアイ
サトノクラウン
ルージュバック
ヤマカツエース
シングウィズジョイ
アルビアーノ
2013年産
アドマイヤエイカン
プロフェット
シュウジ
メジャーエンブレム
エアスピネル
ソルヴェイグ

16/22が社台グループ関係馬となりました。
もしかしたら取れるかもの馬なんで、仕方のないことだと思います。
それでは考察していきます。

①性別

牡馬12頭:牝馬10頭と大差ありません

②所属

関東11頭:関西11頭と大差ありません
しかし関東牡馬4頭:関西牡馬8頭  関東牝馬7頭:関西牝馬3頭という結果が出ました。
牡馬なら関西、牝馬なら関東は頭の片隅に入れておいてもいいかもしれません。

③厩舎

バラバラです。

④馬主

キャロットが3頭で毎年1頭出ています。
社台グループ系クラブの7/9が牝馬です。
2014年産の指名漏れでもジューヌエコール、ヴゼットジョリー、アエロリットが活躍しています。
(オーナーズ含めたらカラクレナイも)

⑤生産者

ノーザン6頭、社台6頭と残り福のカテゴリーなんで大差はありません

⑥取引形態

クラブ募集の9頭に続いて多いのがセレクトセールの5頭です。
なんとセレクトセールの5頭は全て牡馬です。
これは覚えておいて損はないデータでしょう。
2014年産でもアメリカズカップ、アウトライアーズが出ました。
(アドマイヤミヤビも出ましたけど・・・)

⑦父

複数出して面白かったのがこの2頭
キングカメハメハ:4頭 全て牡馬 全てノーザンファーム以外
ダイワメジャー:3頭 全て牝馬 全て社台グループ系クラブ

⑧母父

バラバラです。

⑨5代内FMクロス

ノーザンダンサーが多いのは当たり前として、ヘイルトゥリーズンクロスが6/22いました。
ん~でもそれほど強調できる根拠ではありませんね。

⑩デビュー日

14/22が8月までにデビュー。9月まで入れたら17/22。
早期デビューできそうな馬を狙いたいところです。

⑪何番仔

初仔が最多で6頭。
4番仔までが16/22なんで、重要なデータだと思います。

⑫兄弟成績

初仔と国内での産駒がいない2頭を抜いた14頭中12頭が、兄弟が中央で1勝以上していました
社台グループ関係馬なら10/10です。
(ドラフト時に判断できるかが基準です)


結論

①基本は社台グループの残り福。それ以外なら初仔か兄弟実績あり。

社台グループ以外だと、ベルカント、ヤマカツエースが初仔。
シュウジは兄が重賞馬。ココロノアイは兄が1600万まで行っています。

②牡馬なら関西。牝馬なら関東。

競馬は関西馬強しのイメージがありますが、牝馬に関しては関東も負けていないという結果がでました。
実は社台グループの関東ディープ牝馬はPOG期間中の重賞勝ち馬が出ていないのです。
(現在も継続)
その辺りが残り福たちにも関係あるかもしれませんね。
(2014年産は牝馬も関西優勢)

③社台系クラブなら父親が実績のある牝馬

まあこれは牡馬はほとんど取られるから牝馬の方が残っているという理由もあるでしょう。
ただ自論ですが、情報の全く出ない良血のディープをとるくらいなら、クラブの残っている牝馬をとったほうがいいでしょう。
過去に血統だけで取ったら痛い目をみてるんで・・・。
そして重要なのが父が国内でGⅠ馬を排出していること。
これは2011年産から現3歳の2014年産まで全てに当てはまっています。
下位で狙うなら、新種牡馬よりも実績のある種牡馬です。

④セレクトセールなら社台グループ系牡馬

残り福たちなんで全馬1億円以下です。
(最高でミュゼスルタンの7,500万)
値段はピンキリなんであまり気にしなくていいです。
個人馬主は情報が遅いので、気になる社台グループ系牡馬が残っていたら取ってもおもしろいかも。

⑤4番仔以内、兄弟は中央1勝以上

逆にいえば5番仔以降or兄弟中央未勝利は残り福の中から選ぶなということです。


以上になります。


ん~なんか全然上手くまとまらなかった(笑)
まあどれかの情報が見てくださった方のアンテナに引っ掛かれば幸いです。

調べていたらいろいろ気になったことがいっぱい出てきたので、
次回はそのことを書きたいと思います!!



テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

前のページ

FC2Ad