【POG】カシアスとロックディスタウンを指名した理由


シルクで出資したい馬がいなくて、POGもこの時期は閑散期。
かといって自分は「今週の愛馬の結果」という記事は自分のも人のもほとんど興味なし。
(もちろん応援はしている。頑張れ、今週出走のヴェロニカグレース!!)

そんなんなんで証拠もあることですし、表題の件を書いていこうと思います。

楽燕カップ(証拠)

最初に言っておきますが、これは決して自慢しているわけではありません。
(でもカシアスはちょっとくらい笑)
POGの結果には運やタイミングなどの要素が必要不可欠です。
自分はたまたま幸運だったなぐらいに思っています。
でも勝つ確率を上げるための努力はしているつもりです。
なのでこういう考え方なんだぐらいに見てくれれば幸いです。

カシアス

知ったのは馬トクPOG(緑本)だったと思います。
父、馬名、厩舎、馬主に自分の中でのマイナス要素がなく、
コメントからも速攻系の短距離要員におもしろいのではないかとブックマークしました。

特に重視したのは馬主です。
メイソンジュニアの使い方を見ていると、
無謀なレース選択はせず適距離の手薄そうなところを狙っているように感じました。
父キンシャサなら同じような使い方をしてくれるのではないかと。

ドラフトが近くなり、より細かく調べ始めました。
まずは馬体です。
自分が速攻系短距離馬のポイントとして重視したのが背中と前後のバランスです。
「腰高でなく、前が勝っていてガチガチというほどではない」というぐらいですが・・
悪くはないだろうという感覚です。

そして厩舎です。
キタサンブラックのイメージが強い清水久厩舎ですが、
使いだしが早く、2歳戦に強い厩舎だとわかりました。
(データは失念してしまいました)
これは方向性的に相性がピッタリだと思いました。

血統は近親にファイングレインがいるなら相性は悪くないはず。
繁殖実績は特に気にしませんでした。
姉が地方未勝利であろうと1頭じゃ繁殖牝馬のポテンシャルなんてわかりませんからね。
これが3頭以上未勝利だったら指名していませんでした。

この時点で指名することは確定していたんですが、あとは何位でいくかを模索してしました。
正直、下位(二桁以降)で余裕だろうと思っていたら余計な目立つ時計を出してくれました(笑)

5/24 栗東坂路 16.2-14.1-12.8-12.2 助手 末強め

全体は速くないですがラスト1ハロンはこの日の2歳馬最速です。
(ちなみにラスト1ハロン2位は12.3でジョッキーが乗って一杯でした)
自分はラスト1ハロン重視派なんで結構な手応えを感じました。

取られたら後悔すると思い焦って10位で指名しましたが、取った時は早まりすぎたなと思いました。
2戦目で函館2歳で勝ち負けできると確信し、厳しいローテながらも差し切ってくれました。
今は安堵の気持ちでいっぱいです(笑)

これからは強い馬がぞくぞく出てくるので、重賞をもう一つという確信はありません。
ただ厳しいローテの中きっちり差し切った内容から、
これまでの函館2歳勝馬のような秋以降二桁着順連発のようにはならないと思っています。
(京王杯はタワーオブロンドンが強そう・・・)

知らなかったんですがカナヤマホールディングスには領家元調教師がアドバイザーとしているようです。
2歳北海道開催の代名詞がアドバイザーにいるなら、
今後もカナヤマホールディングスの速攻系短距離馬には要注目ですね。


思ったより長くなってしまったので、次回ロックディスタウンです。


スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

ルーカスの可能性

2015年産募集馬評価で「良い意味でも悪い意味でもシルクの今後を左右する馬」と評したルーカスが新馬戦を勝ちました。
時計的にも現2歳№1の内容で、少なくとも重賞馬、上手くいけばGⅠ馬の器だと思います。
全兄モーリスは吉田厩舎(はたまたセールのために仕上げすぎ)の影響で若いうちは活躍できませんでしたが、ルーカスはノーザンで育成して最初から堀厩舎、1億の値は自信の表れだったんですね。

しかし私はルーカスが来年のクラシックの中心と盛り上がっているのにはいささか懐疑的です。

まず新馬戦。
鞍上は名手中の名手、モレイラ。
騎乗フォームや追い方が他とは違うなと素人目にも明らかでした。
モレイラが乗るだけで5馬身ぐらい違うのだろうなと感じました。
今回は騎手の差が大きかった。

そして堀厩舎。
ここは馬ではなく短期外国人ジョッキーの日程に合わせてローテーションを組みます。
次走がムーア騎乗で秋の東京で走ることは誰しもが予想できるでしょう。

日本人J:77戦8勝(勝率10.3%)

ルメール:8戦6勝(勝率75%)

デムーロ:27戦6勝(勝率22%)

短期外国人J:52戦12勝(勝率23%)
*モレーラ:18戦6勝(勝率33%)
*ムーア:8戦2勝(勝率25%)

2/4-5:3走(なし)
2/11-13:9走(ムーア)
2/18-19:7走(ムーア)
2/25-26:5走(なし)

5/27-28:5走(なし)
6/3-4:8走(モレイラ)
6/10-11:5走(なし)

8/12-13:出走なし(なし)
8/19-20:9走(モレイラ)
8/26-27:11走(モレイラ)
9/2-3:1走(なし)

上記は9/3現在の今年の堀厩舎の成績です。

夏のモレイラなんて顕著ですね。
相手関係うんぬんではなく、モレイラに合わせて態勢を整えていると言っていいでしょう。

別に私は堀厩舎を非難しているわけではありません。
勝負時に勝率の高い騎手を配しすばらしい結果を残している超優良厩舎だと思っています。

しかしあれだけのインパクトを残したルーカスには、クラブ的にもクラシックの王道を歩んでもらわな困るみたいな感じでしょう。
ムーアを配したルーカスならば皐月賞&ダービーに出走するだけの本賞金は稼げるでしょう。
問題は本番です。
モレイラもムーアもいません。
デムルメはサンデーRorキャロットor大物個人馬主が押さえるでしょう。
シュタルケ?石橋修?正直心許ないです。

ルーカスがサンデーRだったらデムーロを押さえられたことでしょう。
しかしノーザン系クラブ序列3位のシルクにはそんな力は・・・
もちろんルーカスが凄まじいパフォーマンスを見せてデムーロから乗りたいという可能性もあるでしょうが・・・

私の個人的な予想ではルーカスがGⅠを勝つなら来年か再来年の秋天orマイルCSだと思っています。
しかしノーザン側にとってもそろそろシルクに勲章をと思っているでしょう。
どのような舵を取るのか注目して行きたいと思います。


テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示