FC2ブログ

強いな~ブラストワンピース

毎日杯見ていましたが、いや~普通に強いですね。

初の関西遠征、600mの距離短縮と不安材料はあったと思います。
それにもかかわらず、前に付けて直線ではインから持ち前の瞬発力であっという間に突き放し最後は流す余裕がありました。
前走見て強いなとは思っていたんですが、まさかここまでとは・・・
ストロングポイントは馬群を割って抜け出せる力だと思うんで、ダービーが本当に楽しみな逸材だと思います。

自分はハービンジャー好きを軽く謳っていてヴェロニカグレースも「順調でハービンジャーならおもしろい」と思い出資しました。
そんな自分がなぜ4月半ばまで残口のあったブラストワンピースに注目していなかったか。
全く思い出せません笑

なのでnetkeibaの血統やら掲示板やらを見返すと・・・
あれー・・・1番最初に投稿しているの自分だ・・・・・(苦笑)
目を付けているのに華麗にスルーするとか・・・情けなさすぎる(T_T)
即満口馬が重賞を勝ってもなんとも思わないのですが、残口馬はやはり悔しいですね。

自分の募集馬診断も見返すと

ハービンジャーもキンカメのノーザンダンサーが濃すぎるのは有効ではありません。
本馬はノーザンダンサーが6本。良い配合とは言えません。
厩舎が先ほどとは真逆の外厩の鬼。ルージュバックで有名ですよね。
スピードの足りない馬になるのではとの印象です。



本当、何言ってるんだって感じですよね笑
ただあの頃はモズカッチャンもまだ出てきていなし、実際にノーザンダンサーを多く持つハービンジャー産駒はあまり活躍していませんでした。
ノーザンダンサーの本数よりも最近言われているようなニジンスキー+ヌレイエフのほうが重要なのかもしれません。
2016年産はさらにハービンジャーに力をいれているので、母父キングカメハメハのニックスを含めてより注目していかなければいけませんね。

出資者の方々、おめでとうございます!!
スポンサーサイト

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

POG 2018 考察~ルーラーシップ編~

本当はオルフェーヴルやろうと思っていたんですけど、著名なくりがしらさんがほぼ同じことを書いていたので・・・

自分はオルフェーヴルにはミスプロ+ナスキロがいいと思っていたんですけど、なるほどボールドルーラーに絞ったか・・メモメモと笑

なので需要はあまりないかもしれませんが今回はルーラーシップを見ていきます。

また重賞勝ち馬がキセキ、ダンビュライトとどちらもPOG期間外からわかるように牡馬はどうしても晩成傾向にあるので、さらに需要がないでしょうが牝馬に絞ります。


初年度は牝馬の活躍馬はいませんでしたが、2世代目の現3歳は既に重賞勝ち馬、GⅠ2着馬を含む3頭がOP馬になっています。
実はこの3頭、全て母母父サンデーサイレンス、生産ノーザンFなんです。

リリーノーブル
母父クロフネ

テトラドラクマ
母父ファルブラヴ

ロサグラウカ
母父クロフネ

ルーラーシップ×サンデーサイレンスでは柔らかすぎるのをクロフネ、ファルヴラヴが間に入ってガッチリ固めるイメージでしょうか。
現3歳の該当馬は4頭しかいないのでかなりの好打率になります。(もう1頭は母父シンボリクリスエスのため柔らかすぎ??)


そして現2歳を見ていくと該当馬は4頭。

アマーティ(アマファソンの2016)
母父フレンチデピュティ

スノーユニバンス(ラルーチェの2016)
母父クロフネ

ツィンクルブーケの2016
母父シンボリクリスエス

ブラックモリオン(モルガナイトの2016)
母父アグネスデジタル

注目はやはりブラックスピネルの半妹ブラックモリオンでしょうか。
ブラックスピネルがPOG期間3勝、モーヴサファイアが同2勝、ローズベリルも故障しなければいいところまでいけた器です。

ただ自分はあまり食指が動かないです。
というのも管理する池添学厩舎がノーザンの多大なバックアップを受けているにもかかわらず、いまいち成績が伸びなんですよね。
悪いわけじゃないんですけど、素材はいいのに上手く調理できない料理人感が強いです笑
あと兄弟成績がいいとそれなりに上位で指名しないといけないのも嫌ですね。

ということで自分のオススメはスノーユニバンス!!
上が共に2勝以上、特に半姉サトノアリシアは期間内2勝と早熟性も見せています。
また牡馬に活躍馬が偏るサトノで、牝馬で活躍したことも好材料。(現3歳にサトノワルキューレがいますが・・)
おそらく平田厩舎でしょうが、中堅どころで悪くないと思います。
大人数のPOGで下位で狙ってみたいと思います。

アマーティスノーユニバンスといとこ関係にあたりますが、オーナーズ募集(おそらく吉田勝巳氏名義)で武井厩舎になります。
募集時の馬体がかなりガチムチに見えました。
ガチムチ馬体は嫌な思い出がありますので笑、自分は敬遠したいと思います。

最後に牡馬で気になったのは下位指名ではないだろうけどこの馬

ウラノメトリア(ミクロコスモスの16)

国枝厩舎→矢作厩舎がいいなと思ったのが第一感です。
国枝厩舎が悪いわけではなく、単に数を使ってくれるところのほうが合っている気がするからです。
ルーラーシップ産駒って丈夫なイメージがあります。






テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

早々と今期POGを反省

冬の寒さも少しずつ和らぎ、猛烈に花粉が飛び散る今日この頃(泣)
クラシックを占う重要なトライアルも始まり、競馬界もよりいっそう盛り上がってくるでしょう。

自分が参加しているスワロウテイルさんの楽燕カップ
現在3位と好位置につけていますが、どう贔屓目に見ても優勝は無理でしょう(笑)
POGというゲームの性質上、優勝するには賞金の高いクラシックを最低1つ以上勝たないと無理です。
年に多くても4頭しかいない馬を指名するのはなかなか難しいことです。

優勝を狙っていないと言ったら嘘になりますが、優勝することに重きを置いていません。
それよりも指名した馬が全頭2勝以上することがダービー勝って優勝するよりも嬉しいという性格上、勝てる見込みのない馬を指名してしまったことが大変悔しく、自責の念に駆られます(大げさ)

今期の悪かったところを反省して来期に活かすために、勝てる見込みのない馬たちの自分の見解を振り返ってみます。


楽園カップ キャリコ回顧

トウシンゴールド

逞しい馬体はさすが千代田の1番馬と言われている存在。
ただ大型馬特有の仕上がりの遅さは気になります。
調教師も秋からを明言しており、POG期間にどこまで活躍できるでしょうか。



アドマイヤツルギ

母リュシオルの産駒は結果が出ていませんが、ヒシアマゾンと同系の名牝系でいつ爆発してもおかしくないと思っています。
毛色や体の作りがオルフェーヴルに似ているところも好材料です。
母父クロフネからややパワー型に出るでしょうから、ホープフルSや京成杯を目指してほしいですね。



タフチョイス

もちろん知ったきっかけはdskさんですが、POG本で筋骨隆々の馬体が光り輝いていたので素直にかっこいいと思いました。
見るからにダート馬だと思うので全日本2歳優駿!!と言いたいところですが、期間内ダート2勝でも十分満足です。



マイネルグリージョは自分の情報不足、ジューングラスミーは情報皆無でオミットします。

上記3頭は見ての通り馬体の作りに言及しています。
POG本を見返しても、かっこいいな、逞しいなとしか思えません。

しかしそれがダメなのです。
素人の自分が写真を見て良いと思ったことがダメなのです。
おそらくですが、3頭とも筋肉が硬いのだと思われます。
だから怪我をしたり、速く走れなかったりするんではないかと。

栗毛の馬は良く見せますし、トモが発達している馬はかっこいいです。
しかしそれが甘い罠だという可能性は大いにあります。
それを今期のPOGから学び取り、来期に活かそうと思いました。

みなさんも馬体を見て、惚れた、やばい、かっこいいと思ったことはありませんか?
その後その馬がどんな成績だったか振り返ったことはありますか?
成功しているならその相馬眼を貫けばいいし、失敗していたら修正しなければなりません。

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示