キャリコの一口馬主とPOGを考察する

ホーム 全記事

POG 実はすごい?タガノ馬

残り福の馬たちを調べていて気になったのが、
「タガノ馬やけに多いなー」ということ。

実は2011年産と2012年産で2頭ずつPOG期間内5,000万以上稼いでいるんですよ!

タガノグランパ
タガノブルグ
タガノエスプレッソ
タガノアザガル

2013年産は残念ながら活躍馬はいませんでしたが、
2014年産からもタガノディグオとタガノアシュラの2頭が2勝を挙げています。

タガノ馬の良いところは
①出走回数が多い
②空き巣狙いなローテーションを組んでいる気がする
なんですが、
最大の魅力は、
誰も狙わないv(o゚∀゚o)v
これに尽きるでしょう!
(みなさんも思い出してください。
「あのタガノ馬狙うわ」と聞いたことがありますか?ないでしょう?笑)

しかもタガノ馬の活躍馬、共通点があります!

①タガノファーム生産(9割そうですが笑)
②牡馬
③馬名決定の早い馬
④種牡馬が芝に実績がある

上記に当てはまる自分の気になる馬を挙げていきます!


タガノタイト

兄ザモンゴメリーは怪我で引退してしまいましたが、
それがなければもう少し出世できたのではと思っています。
ヘイロークロスにミスプロ持ちと配合もいい感じです。
社台のお下がりという所はタガノアシュラとダブりますね。

タガノプレトリア

兄姉の勝ち鞍が全てダートなため、ダート色が強いですが、
タガノブルグで実績のあるヨハネスブルグなら心強い。

タガノライジン

あまり見なくなった父タニノギムレットですが、
忘れたころに大物が出るのがロベルト系。


POG本に全て目を通せてないので、現時点ではこんな感じです。
これから名前の出てくる馬や厩舎が判明する馬が出てくると思うので、
今後もタガノ馬を要チェックしていきたいと思います。


スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad