FC2ブログ

POG 2018 考察~ディープインパクト編~

桜花賞、皐月賞とも複勝圏に1頭も絡まなかったため「とうとう落ち目か?」と少し騒がれているディープインパクトですが、NHKマイルCはワンツーフィニッシュと速い馬場の適正はまだまだ他の種牡馬を凌駕しています。

ノーザンF産
カミノタサハラ
デニムアンドルビー
ハープスター
ミッキーアイル
トーセンスターダム
シャイニングレイ
リアルスティール
サトノラーゼン
ミッキークイーン
ハートレー
サトノダイヤモンド
シンハライト
マカヒキ
マウントロブソン
アルアイン
アドミラブル

社台F
ヴァンキッシュラン
アトノアレス

それ以外
キズナ
アユサン
ヒラボクディープ
ショウナンアデラ
ダノンプラチナ
ブランボヌール
キャンディバローズ
ディーマジェスティ
カデナ
ファンディーナ

上記は過去5年間(2010~2014年産)の期間内重賞勝ち馬です。
当然のことながらノーザンFが最多の16頭を占め今期もワグネリアン、プリモシーンが出ています。
やはりというか社台Fは成績が悪く、特にお抱えクラブの社台RHからは重賞馬が出ていません。
というかマルセリーナ1頭しかいません。
(なのでギベオンの活躍は藤原厩舎の影響力が大きいと思っています)
意外だったのは白老Fが1頭もいないことです。
期間外だったら何頭かいるのですが、これは割引なデータになりそうです。

それ以外の牧場からは10頭、今期もダノンプレミアム、サトノワルキューレ、ケイアイノーテックが出ています。
中でもGⅠ馬の割合が高く、ノーザンFが6/19(31.5%)に対し7/13(53.8%)と半数以上がGⅠ馬になっています。
(今期の馬も含めて)

ということでなんとなく流れがわかるでしょうが(笑)、人気になるまくるノーザンF産ディープをやってもしょうがないので、社台グループ以外のディープの注目馬をピックアップしていきたいと思います。


オーケーブロッサム(チェロキーⅡの2016)
栗東 奥村豊厩舎
馬体重 486kg

母はディープの種を宿したまま輸出されたので、本馬は持ち込み馬です。
海外時の産駒もいるので7番仔ですね。
主な産駒がいないため繁殖能力が未知数ですが、Storm Catとのニックスに加えこの馬体重ならOKでしょう。
厩舎はまだ若手ですが最近でもサンデーRやシルクが預けているので期待はされているのでしょう。
育成先が吉澤Sなのも心強いですね。
中位ぐらいで人気になりそうなプロフィールです。


オペラクロークの2016
厩舎未定
馬体重 481kg

ヴァレリカの2016
美浦 藤沢厩舎
馬体重 498kg

この2頭はセットでご紹介。
というのもどちらも近親に日本での活躍馬がいて、前者は曾祖母の兄弟の孫にレッドディザイア、後者はおじにワールドエースがいます。

タワーオブロンドンの活躍を見るに(祖母の孫にディーマジェスティ)日本に合うダーレー繁殖は近親に日本での活躍馬がいることが条件に思えます。
ダーレー側もそれを承知の上だと思うので、育成施設完成後はさらなるダーレー旋風が巻き起こるでしょう。
今期は育成に不安があるので仕上がりは遅くなるでしょうが、上記2頭は春のクラシック戦線に乗ってくる予感がします。
血統面でも前者はDanzig、シングスピール、後者はRoberto、Acatenangoとディープに合う血が含まれています。
露出度、コメント的にも注目されていると思うので、思ったより上位でないと取れない可能性もありますね。


ルモンド(ウィステリアアーチの2016)
栗東 中内田厩舎

下河辺牧場はサトノバリオスが1番馬でしょうが、こちらは上位人気確実なので割愛。
全兄はまだ1勝ながら素質の片鱗を見せたマイスターシャーレ。
注目は謎の馬主 山紫水明。
山紫水明×千代田牧場の組み合わせは5頭中4頭が勝ち上がり、パクスアメリカーナ、スマハマは既に3,000万以上稼いでいます。
全て庭先なのにこれだけ当たりを引けるということは、相当な相馬眼か忖度があるということ。
本馬は中内田厩舎で既に入厩済みとのことなので注目度も高くなっているでしょうが、全兄以上の活躍をしても不思議ではありません。


エピックガール(ジェラスガールの2016)
栗東 西浦厩舎
馬体重 455kg
馬主 雅苑興業

ダンサリーノ(グッドウッドマーチの2016)
栗東 中内田厩舎
馬体重 460kg
馬主 KTレーシング

この世代の三嶋牧場のディープ産駒は粒揃いになる予感がします。
特にカンタービレの全弟サターンと既に入厩済のダノンバリアントはノーザンF育成ということでマークしている人も多いのではないでしょうか。
なので注目度が少し下がりそうな2頭をご紹介。

前者はおじにイスラボニータがいて既にゲート試験合格済。
馬主さんはまだ結果が出ていませんが西浦厩舎のみに預けるという徹底ぶり。
Cozzeneの軽さは牝馬に合うと思いますが、Seeking the Gold持ちのディープ産駒が牡馬しか結果が出ていないのは不安なところ。
厩舎的にそこまで人気しないですかね。

後者はDanzig,Blushing GroomにHighclereの牝系クロスと血統だけならこの世代上位の美しさ。
8番仔なところは少し不安ですかね。
もう少し軽さがあったら最高なことを考えるとオークス向きなのかな。
中内田厩舎で注目を浴びるでしょうし、KTレーシングもそろそろブレイクしそうな気がします。
それ以上に気になったのが甥っ子のミスイヴァノヴィックの2017ですがちょっと気が早すぎですね(笑)


今回は取り上げませんでしたが、ケイエイFのアルテラローザ(レディアルバローザの2016)ロードゼウス(スピニングワイルドキャットの2016)ももちろん注目株です。
どちらも人気になると思いますがね(笑)

スポンサーサイト

テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示