来期POGの注目点を考察

盟友スワロウテイルさんが来期のトレンドを予測されていたので

アゲ×サゲ

自分もその波に乗って考察してみようと思いました。
大筋はスワロウさんと一緒なのですが同じことを書いても仕方ないですし、別視点から切り込んでみようと思います。


まずは厩舎。
最近の藤原(英)厩舎に勢いを感じます。
と思っていたら皐月賞勝っちゃいました(笑)
育成の劣る日高の馬でGⅠを勝てるということは厩舎力が上がってきている証拠。
(と言っても吉澤ステーブル育成なんでそんなに劣っていないですが・・)

以前は馬をじっくり育て良血馬でも長らく放置することで有名でしたが、現3歳馬は重賞2勝2着3回OP馬7頭と好成績を収めています。
使い出しは早くないですが、秋口から始動し、順調な馬は月1ぐらいで出走しています。

あとルメール・デムーロの起用が増えています。
二人併せて2016年が22戦3勝、2017年が18戦7勝に対し、2018年はまだ4ヶ月ちょっとだというのに18戦9勝の勝率5割です。
今後も二人を積極起用するならさらに成績を伸ばせると思います。
好不調の波が激しい(笑)戸崎騎手もGⅠ7勝中4勝が藤原厩舎です。
関東では第一人者なので、戸崎騎手が好調なら注目のコンビだと思います。

もう一つは藤岡厩舎。
息子たちを積極起用することで毛嫌いする人が多いかもしれませんが、2016年に初のGⅠタイトルを取ってから成績は右肩あがりです。
現3歳馬でも桜花賞3着、皐月賞2着と良血とは言えない馬で結果を出しているので、厩舎力だけで下位指名で買いだと思います。
最近はノーザンFの馬も走り始めましたが、元々は社台Fが得意なのでその辺も下位にいいですね。


種牡馬はやはりハービンジャーです。
去年、一気に3頭のGⅠ馬を排出し、今年もブラストワンピースがダービーの有力候補となると、過去に押された失敗種牡馬の烙印は取り消されたと言っていいでしょう。
POG放談やワイン夫婦さんのブログでもハービンジャー2016産の熱さが取り上げられていました。

2年前に激熱ハービンジャー産として推した3頭がペルシアンナイト>インヴィクタ>アウステルリッツだったので、やはりニジンスキー+ヌレイエフ持ちの母父キングカメハメハが主流になってくるのかな。
ノーザンFor白老Fから狙うのが手っ取り早いと思うので、母父キングカメハメハVS母ゴールデンサッシュ系の争いになるんじゃないかと思っています。
(母ゴールデンサッシュ系は厩舎力が高いです)
個別の注目馬はまた時間のある時に・・・・


最後に馬主ですが、こういうこと書くと今年の抽選で蹴られそうですが(笑)、シルクが2015産並みの成績を残すのは難しいと思います。
ノーザンFはサンデーR、キャロット、シルクが主要3クラブですが、今までシルクは値段は高いのにクラシックに1頭も送り込めない散々な状況でした。
実績制で出資できるシルクにはサンデーRと掛け持ちしているお金持ちたちがたくさんいるはずです。
そんな優良顧客たちに「シルクの馬走らんぞ💢」というクレームがあったので、桜花賞馬他走る馬入れときましたよということだと思っています。←あくまで自分が思っているだけです笑

これに面白くないのがキャロット会員さんたちです。
2015年産からは重賞勝ち馬がまだ出ていません。
去年はキャロットがダービー取りましたし、サンデーRは別として、キャロットとシルクに隔年で良い馬を入れるのではと踏んでいます。
なので2016年産はキャロットの出番ですね。
特にロードカナロア産の良血2頭はダービー向きじゃなくても大人数ならドラ1で消えそうですね笑

最後に個人馬主ですが、今年はカナヤマHDが重賞馬3頭を出す活躍を見せました。
カシアスを指名してお腹いっぱいになった自分ですが、流れに乗りそうな時はまとめて取らないとと反省しております。。

カナヤマHD然り、NICKS然り、近年は優秀なアドバイザーがついている個人馬主が好成績を収めています。
なかなか表立ってアドバイザー情報なんて出てきませんが、そういった情報を掴むことが少しでもPOGの成績上昇に繋がるのではないかと思っております。








テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

強いな~ブラストワンピース

毎日杯見ていましたが、いや~普通に強いですね。

初の関西遠征、600mの距離短縮と不安材料はあったと思います。
それにもかかわらず、前に付けて直線ではインから持ち前の瞬発力であっという間に突き放し最後は流す余裕がありました。
前走見て強いなとは思っていたんですが、まさかここまでとは・・・
ストロングポイントは馬群を割って抜け出せる力だと思うんで、ダービーが本当に楽しみな逸材だと思います。

自分はハービンジャー好きを軽く謳っていてヴェロニカグレースも「順調でハービンジャーならおもしろい」と思い出資しました。
そんな自分がなぜ4月半ばまで残口のあったブラストワンピースに注目していなかったか。
全く思い出せません笑

なのでnetkeibaの血統やら掲示板やらを見返すと・・・
あれー・・・1番最初に投稿しているの自分だ・・・・・(苦笑)
目を付けているのに華麗にスルーするとか・・・情けなさすぎる(T_T)
即満口馬が重賞を勝ってもなんとも思わないのですが、残口馬はやはり悔しいですね。

自分の募集馬診断も見返すと

ハービンジャーもキンカメのノーザンダンサーが濃すぎるのは有効ではありません。
本馬はノーザンダンサーが6本。良い配合とは言えません。
厩舎が先ほどとは真逆の外厩の鬼。ルージュバックで有名ですよね。
スピードの足りない馬になるのではとの印象です。



本当、何言ってるんだって感じですよね笑
ただあの頃はモズカッチャンもまだ出てきていなし、実際にノーザンダンサーを多く持つハービンジャー産駒はあまり活躍していませんでした。
ノーザンダンサーの本数よりも最近言われているようなニジンスキー+ヌレイエフのほうが重要なのかもしれません。
2016年産はさらにハービンジャーに力をいれているので、母父キングカメハメハのニックスを含めてより注目していかなければいけませんね。

出資者の方々、おめでとうございます!!

テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

POG 2018 考察~ルーラーシップ編~

本当はオルフェーヴルやろうと思っていたんですけど、著名なくりがしらさんがほぼ同じことを書いていたので・・・

自分はオルフェーヴルにはミスプロ+ナスキロがいいと思っていたんですけど、なるほどボールドルーラーに絞ったか・・メモメモと笑

なので需要はあまりないかもしれませんが今回はルーラーシップを見ていきます。

また重賞勝ち馬がキセキ、ダンビュライトとどちらもPOG期間外からわかるように牡馬はどうしても晩成傾向にあるので、さらに需要がないでしょうが牝馬に絞ります。


初年度は牝馬の活躍馬はいませんでしたが、2世代目の現3歳は既に重賞勝ち馬、GⅠ2着馬を含む3頭がOP馬になっています。
実はこの3頭、全て母母父サンデーサイレンス、生産ノーザンFなんです。

リリーノーブル
母父クロフネ

テトラドラクマ
母父ファルブラヴ

ロサグラウカ
母父クロフネ

ルーラーシップ×サンデーサイレンスでは柔らかすぎるのをクロフネ、ファルヴラヴが間に入ってガッチリ固めるイメージでしょうか。
現3歳の該当馬は4頭しかいないのでかなりの好打率になります。(もう1頭は母父シンボリクリスエスのため柔らかすぎ??)


そして現2歳を見ていくと該当馬は4頭。

アマーティ(アマファソンの2016)
母父フレンチデピュティ

スノーユニバンス(ラルーチェの2016)
母父クロフネ

ツィンクルブーケの2016
母父シンボリクリスエス

ブラックモリオン(モルガナイトの2016)
母父アグネスデジタル

注目はやはりブラックスピネルの半妹ブラックモリオンでしょうか。
ブラックスピネルがPOG期間3勝、モーヴサファイアが同2勝、ローズベリルも故障しなければいいところまでいけた器です。

ただ自分はあまり食指が動かないです。
というのも管理する池添学厩舎がノーザンの多大なバックアップを受けているにもかかわらず、いまいち成績が伸びなんですよね。
悪いわけじゃないんですけど、素材はいいのに上手く調理できない料理人感が強いです笑
あと兄弟成績がいいとそれなりに上位で指名しないといけないのも嫌ですね。

ということで自分のオススメはスノーユニバンス!!
上が共に2勝以上、特に半姉サトノアリシアは期間内2勝と早熟性も見せています。
また牡馬に活躍馬が偏るサトノで、牝馬で活躍したことも好材料。(現3歳にサトノワルキューレがいますが・・)
おそらく平田厩舎でしょうが、中堅どころで悪くないと思います。
大人数のPOGで下位で狙ってみたいと思います。

アマーティスノーユニバンスといとこ関係にあたりますが、オーナーズ募集(おそらく吉田勝巳氏名義)で武井厩舎になります。
募集時の馬体がかなりガチムチに見えました。
ガチムチ馬体は嫌な思い出がありますので笑、自分は敬遠したいと思います。

最後に牡馬で気になったのは下位指名ではないだろうけどこの馬

ウラノメトリア(ミクロコスモスの16)

国枝厩舎→矢作厩舎がいいなと思ったのが第一感です。
国枝厩舎が悪いわけではなく、単に数を使ってくれるところのほうが合っている気がするからです。
ルーラーシップ産駒って丈夫なイメージがあります。






テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示