シルク 2017 募集予定馬が出たので勝手に価格を予想してみました



シルク 2017募集馬 予想価格①
シルク 2017募集馬 予想価格②
(厩舎はなんとなくここだろうというもので、予想つかない馬は空白です)



1頭1頭、血統と兄弟成績を確認したのですが、全体的な募集馬の質は去年より落ちていると感じました。


まず血統ですがワークフォース、トーセンホマレボシと既に失敗の烙印を押されているような種牡馬の仔を3頭ずつ入れてきました。
またゴールドアリュール、ヴィクトワールピサなどクラシックで勝負できないような種牡馬の仔も多数入れてきています。


そして兄弟成績。
PDFのコメント欄の見た方はご存じだとは思いますが、「母は海外のGⅢを~」とか「伯父や近親はあの活躍馬」等々、兄弟成績がひどすぎて書くことがないから仕方なく書きましたよ的な馬が満載です。


この結果から読み取れるノーザンF側の思惑は2パターンあります。


①今や1強状態のノーザンF生産馬。
 それなら前年並みの価格で販売してもどうせ売れるでしょという殿様商売的方針。


②サンデーRやキャロットがクラシックで活躍馬を出しているのにシルクはさっぱり。
 それなら価格を抑えて庶民でも楽しめるクラブにしようという方針。


私の予想では①だと思います。
理由は法人は利益を追求しなければいけないからです。
前年、高い高いと言われた1億2000万のピボットポイントも完売しました。
血統、兄弟成績の悪い馬=仕入れ値の安い馬を前年並みの価格で売ってもほぼ完売すると踏んでいるのでしょう。


しかし②の可能性も少しはあると思います。
そこで注目してもらいたいのは、まずディープの牡牝の目玉であるサロミナの16とリアアントニアの16です。
正直、私の予想価格のままだったら①路線で継続していくということでしょう。
逆に言えば、それより安かったら少し②に期待が持てます。


2000~6000万代の馬は厩舎で値段が変わるだけで、①②どちらにもあまり影響はないでしょう。
私も長い時間をかけて研究し、常識的な感覚で予想価格を出したと自負しています。
この価格帯の馬で私の予想価格より1000万以上(上にも下にも)違う馬は、良い意味でも悪い意味でも馬体に関係してくると思ってください。


そして問題は1000万代の馬です。
正直、私はこれでも甘くつけたと思っております。
ここ3年の牡馬の最低価格は1400万、牝馬は1000万です。
もし仮に②を目指すなら、牡馬なら1200万、牝馬なら800万の馬が出てきてもおかしくありません。
そして募集馬平均価格は去年より下がるでしょう。


そういうわけで今年のシルク募集馬の価格は、今後のシルクの方向性を示す重要な判断材料になると思っています。



テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

POGドラフト中&一口馬主ブログ界が荒れている

すっかりご無沙汰になってしまいました。

仕事の合間を見て楽燕カップのドラフトをしていたので、ブログを後回しにしていました。
(ん??掲示板へのコメントはやけにしていたよねって??聞こえなーーーい笑)


まずは前回の記事

POG 実はすごい?タガノ馬

GW前に予約投稿しといたのですが、
投稿された数時間前にタガノディグオが兵庫CSを勝利という痛恨のミス(つД`)ノ

決して後出しじゃないですよ、後出しじゃ(笑)
(1日前に設定しておけばちょっとかっこよかったのになーー笑)

ただこれでタガノ馬の重要性が再認識されたと思うので、
みなさんも要チェックしてみてください。


あとアエロリットがNHKマイルを勝利。
こちらはモロに残り福の馬ですね!

2年連続して①サンデーR②関東牝馬③早期デビューがNHKマイルを勝ったので、
2度あることは3度ある??で今年のサンデーR早期牝馬を調べてみました。

レイナデルビエント

ロックディスタウン

ただ父がシンクリとオルフェなんで、ここ2年に比べると??かなという感じです。


これから後半戦!
独特な指名をしているため、リストもまだまだたんまり(笑)
自分が以前「嫌い」の一言で片づけた種牡馬の子供にどうしても欲しいのがいるので、
何位で行こうかワクワクしております。



話は変わって人気一口馬主ブログの記事が波紋を広げています。

毎日が一口馬主

ひささんはいろんな観点から一口馬主を研究されていて自分も大変勉強になるのですが、
今回は著名一口馬主のぐりぐり君に言及していました。

そしてそれに反応して有名ブロガーさんたちもコメントしています。

一口馬主デビューブログ(ぬっきーさん)

遠くまで(ヤエノムテキさん)


ひささんの言っていることは大方ごもっともですが、ブログとしてはいきすぎた内容と感じました。

著名でありお金もあり名声を得ているということは、有名税を支払いそれなりの品位を問われると思っております。
最近のぐりぐり君のやっていることは、正直あまりセンスを感じるものではありません。
そのおそらく大多数が感じていることをひささんが代弁したのでしょうが、
ただそのヘイトを集めることによって何がしたかったのかが正直わかりません。

疎む、羨むといったことに係ってくるのはほぼお金。
ぐりぐり君が何を目指しているのかはわかりませんが、お金がある人しか踏み込めない土俵だけで勝負したり、
零細牧場の馬で勝負したほうが、さらなる名声を得られるのではないかなと思いました。

現にそういった方のことを記事にしているのにね。
長山尚義氏のコラム

今後どのような展開になるのか興味深々です。




テーマ:一口馬主 - ジャンル:ギャンブル

POG 実はすごい?タガノ馬

残り福の馬たちを調べていて気になったのが、
「タガノ馬やけに多いなー」ということ。

実は2011年産と2012年産で2頭ずつPOG期間内5,000万以上稼いでいるんですよ!

タガノグランパ
タガノブルグ
タガノエスプレッソ
タガノアザガル

2013年産は残念ながら活躍馬はいませんでしたが、
2014年産からもタガノディグオとタガノアシュラの2頭が2勝を挙げています。

タガノ馬の良いところは
①出走回数が多い
②空き巣狙いなローテーションを組んでいる気がする
なんですが、
最大の魅力は、
誰も狙わないv(o゚∀゚o)v
これに尽きるでしょう!
(みなさんも思い出してください。
「あのタガノ馬狙うわ」と聞いたことがありますか?ないでしょう?笑)

しかもタガノ馬の活躍馬、共通点があります!

①タガノファーム生産(9割そうですが笑)
②牡馬
③馬名決定の早い馬
④種牡馬が芝に実績がある

上記に当てはまる自分の気になる馬を挙げていきます!


タガノタイト

兄ザモンゴメリーは怪我で引退してしまいましたが、
それがなければもう少し出世できたのではと思っています。
ヘイロークロスにミスプロ持ちと配合もいい感じです。
社台のお下がりという所はタガノアシュラとダブりますね。

タガノプレトリア

兄姉の勝ち鞍が全てダートなため、ダート色が強いですが、
タガノブルグで実績のあるヨハネスブルグなら心強い。

タガノライジン

あまり見なくなった父タニノギムレットですが、
忘れたころに大物が出るのがロベルト系。


POG本に全て目を通せてないので、現時点ではこんな感じです。
これから名前の出てくる馬や厩舎が判明する馬が出てくると思うので、
今後もタガノ馬を要チェックしていきたいと思います。


テーマ:POG - ジャンル:ギャンブル

プロフィール

キャリコ

Author:キャリコ
シルクで超零細一口をしてます
回収率を第一に考え日々勉強中

POGは中位~下位で狙えそうな馬から
重賞馬を探し当てるために日々勉強中

*シルクホースクラブより
転載の許可を受けております

出資馬一覧
最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
最新コメント
カウンター
ランキング
にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ
RSSリンクの表示